40代から海外転職を成功させる方法は?アジアやアメリカなどの就職も解説

40代で海外就職・海外移住を検討しようとしたとき、

「40代からでも海外就職(海外転職)はできるの?失敗しないかな…」

この記事では、そんな悩みを抱えている40代の海外就職・海外移住希望者に向けて、40代から海外就職を果たして実現できるのかについて解説します。

最後まで読むことで、40代のあなたでも海外就職が現実的なものなのか理解できるでしょう。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

40代でも海外転職はできる!年齢よりも大切なのは実績

40代でも海外転職はできる!年齢よりも大切なのは実績

40代でも海外転職はできます。

なぜなら、40代なら20代や30代にはない豊富な経験や高いスキルを活かして海外で活躍できるためです。

それでは、海外転職する際の年齢や実績について解説します。

アメリカでは年齢を理由に雇用しないことを禁止

アメリカでは年齢を理由に雇用しないことを禁止しています。

これは、年齢ではなく、その人の持つスキルや経験を正しく評価するためです。

例えば、履歴書に写真や年齢を記載する必要はなく、アメリカでは40代でも正社員として転職しやすい環境が整っています。

アメリカでは”Age is just a number.”(年齢はただの数字)とも言われ、雇用と年齢は関係ないという意識が広まっています。

アジアの日系企業は求人も多い

アジアの日系企業なら、40代でも応募できる求人が多いと言えます。

これは、アジアに拠点をもつ日本の会社は40代が持つ経験やノウハウ、日本で培ったビジネススキルを求めているためです。

例えば、中国や韓国、フィリピン、タイの日系企業で求人が募集されています。

アジアの海外勤務なら、20代や30代にはない豊富な経験を活かして活躍できるでしょう。

40代~60代で海外で働く人は多い

40代〜60代で海外で働く人は多くなっています。

これは、子育てが終わり、海外移住する40代以上の方が増えているためです。

例えば、外務省のデータによると2017年の年齢別在留邦人の割合は、40代が全体の約21%、50歳代で約13%、60歳以上は約14%でした。

つまり、海外に住んでいる方の48%、約半数が40代以上となっています。

40代以上でも海外で働く日本人は多いので、年齢を理由に海外勤務や求人を募集してい募集している仕事への応募を諦める必要はないと言えます。

40代女性でも海外就職は目指せる

40代女性でも海外就職は目指せます。

なぜなら、40代の女性でも海外で働く方法があるためです。

例えば、転職エージェントに登録して求人情報を得ることや、留学してアルバイトすること、国際結婚などの方法があります。

交際結婚には運も必要ですが、近年、マッチングアプリなどオンラインでの出会いから現地のパートナーを見つける方も増えています。

国際結婚すれば働けるビザが取れる国も多いので、ビザの心配をせずに、求人に応募できるでしょう。

40代でアメリカやアジアの海外転職や就職を成功させるには?

40代でアメリカやアジアの海外転職や就職を成功させるには?

40代の海外勤務には、必ず就労ビザを取る必要があります。

これは、20代に人気のワーキングホリデーは年齢制限があり、40代では取得できないためです。

そのため、40代の海外就職を成功させるためにはいくつか注意点があります。

そこで、アメリカやアジアの海外転職や就職を成功させるために必要なことについて解説します。

無職でスキルなしは流石に厳しい

無職でスキルなしの海外就職や転職は流石に厳しいと言えます。

なぜなら、英語力かスキルのどちらか1つは最低限必要であるためです。

例えば、英語力がなくても応募できる海外の求人情報で特に多いのは、日本料理人になっています。

日本料理のシェフなら、英語が話せなくてもスキルがあり、厨房でも日本語環境の職場が多いので、成功しやすいでしょう。

対して、スキルがなくても英語力が高い方は日本語ネイティブであることが重宝される会社なら就職しやすいと言えます。

例えば、日本に就航している航空会社などの仕事なら、日本人であることが有利になるでしょう。

40代で海外勤務を目指すなら、英語力かスキルがなければ応募できる求人がほとんどなくなってしまうので注意しましょう。

USCPAなど資格だけで転職成功は40代でも厳しい

USCPAなど海外で通用する資格でも、資格を持っているだけで転職成功は厳しいと言えます。

なぜなら、海外では資格よりも即戦力であることが重視されているためです。

例えば、USCPAを持っていなくても、経理や財務の仕事経験やスキルがあるほうが海外転職はしやすいと言えます。

未経験からいきなり海外転職するよりは、日本の外資系企業で正社員としての経理の職を探し、まずは十分な資金を貯めながら経験やスキルを積むことがおすすめです。

アジア転職においても重視されるのはスキルや実績

アジア転職においても重視されるのはスキルや実績です。

なぜなら、スキルや実績があれば40代でも就労ビザが取りやすくなる可能性があるためです。

例えば、シンガポールでは年齢が若いとビザ発給条件を満たしていなくても就労ビザを取れる可能性があります。

しかし、40代以上なら、最低給与を満たしていることに加えて、能力や実績も証明することが必要です。

高い給与の仕事を得られる可能性も高まるので、アジア転職でもスキルや経験を持っているほうが良いでしょう。

関連記事

シンガポールに40代で就職を検討するときに、「シンガポールに40代でも就職できるの?」「40代で海外移住は現実的?」この記事では、そんな悩みを抱えているシンガポールに40代で就職希望者に向けて、シンガポールに40代で[…]

シンガポールに40代でも就職できるの?40代で海外移住は現実的?

40代で海外転職する際のポイント

40代で海外転職する際のポイント

40代と20代や30代の海外就職では、異なる点がいくつかあります。

そこで、40代で海外転職する際のポイントについて解説します。

マネジメント経験や実務経験を積んでおく

マネジメント経験や実務経験は積んでおきましょう。

これは、40代の海外転職では日本の会社で培ってきたスキルや経験、ノウハウを持っていると有利になるためです。

例えば、海外に拠点を持つ日系企業に就職するなら、営業や事務など業種は問わず、基本的なメール対応からマネジメントに至るまで、幅広い業務をこなせることが求められるでしょう。

40代で未経験OKの求人は少ないので、日本でマネジメント経験や実務経験があると応募できる求人も多くなるでしょう。

日常会話レベルの英会話はできた方が良い

日常会話レベルの英会話はできたほうが良いでしょう。

なぜなら、海外就職では少なからず英語力が必要になるためです。

例えば、求人情報にどの程度の英語力が必要か記載されている場合もあるので、入念に確認しましょう。

英語が全くできないよりは日常会話レベルの英会話ができると応募できる求人の幅も広がります。

アジア系の現地法人に転職する場合は年収が下がることもある

アジア系の現地法人に転職する場合は年収が下がることもあります。

これは、日本の給与水準がアジアの中では高いためです。

例えば、給与水準が高いと言われているシンガポールでも平均年収は約365万円となっています。

さらに、インドネシアでは40万円、ミャンマーでは13万円など、日本の平均年収をはるかに下回るアジアの国もあります。

平均年収が低い分、物価も低い国が多いですが、期待できる給与とその後予想される生活費のバランスを取りながら、海外勤務する国や会社を決めることも大切です。

海外転職に強い転職エージェントを利用する

海外転職に強い転職エージェントを利用しましょう。

なぜなら、見つけられる海外勤務求人の数が多くなるためです。

例えば、転職エージェントにはそれぞれ得意な業種や地域があるので、あなたのキャリアや海外勤務したい国に合わせて登録する転職エージェントを検討することもおすすめです。

海外転職に強い転職エージェントを利用すれば、幅広い求人情報を得られます。

40代で海外転職する際におすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用を検討するとき、無数にあるエージェントの中からどれを選べばいいか迷う方もいるでしょう。

そこで、40代で海外転職する際におすすめの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年10月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2021年10月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

いますぐ無料登録する!

JACリクルートメント


JACリクルートメント
・海外進出関連企業の管理職、エグゼクティブ人材
・東南アジアで日系No.1の人材紹介会社
・グローバル人材紹介のプロ集団がいる


JACリクルートメント」は、エグゼクティブ人材の正社員紹介に特化している人材紹介サービスです。

日本国内にも多数拠点があり、キャリアなどの相談をすると一括で世界の各拠点へつなぎ仕事を紹介する仕組みになっています。

それから、利用者の満足度が94.5%と高く、24時間以内の返信など対応の丁寧さと情報の質の高さが理由といえるでしょう。

さらに、求職者1人に対して複数のキャリアコンサルタントから求人の紹介をするシステムがあるので、ぜひ利用することをオススメします。

\ 外資系求人が最大級 /

いますぐ無料登録する!

まとめ|40代での海外転職は語学力か実績がカギ!

40代での海外転職は語学力か実績がカギとなります。

日本の会社で十分な経験や実績を積みながら、英語の勉強を継続し、年齢を気にせず海外就職にチャレンジしてください。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録