ITエンジニアが海外に就職するための英語力は?活かせる資格や年収も解説

ITエンジニアが海外に就職を検討しようとしたとき、

「ITエンジニアが海外に転職するための英語力は?」

この記事では、そんな悩みを抱えているITエンジニアの海外就職希望者に向けて、どれくらいの英語力が必要なのか、活かせる資格や年収はどれくらいなのかについて解説します。

最後まで読むことで、あなたも海外に転職できるチャンスがあることがわかるでしょう。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

関連記事

エンジニアが海外に転職を検討しようとしたとき、「エンジニアが海外転職する方法は?」「エンジニアの海外転職におすすめの転職エージェントは?」この記事では、そんな悩みを抱えているエンジニアの海外転職希望者に向けて、エンジ[…]

海外就職を目指すなら英語ができるエンジニアになる方がおすすめ

海外就職を目指すなら英語ができるエンジニアになる方がおすすめです。

英語力があれば、業務の効率を上げられたり、コミュニケーションが円滑になったりします。

それでは、海外就職を目指すエンジニアの英語力について解説します。

コーディング以外の仕事で英語は当たり前に使う

海外転職したITエンジニアはコーディング以外でも英語を当たり前に使える必要があります。

なぜなら、経験やスキルだけを活かして海外で業務を全てこなすことは難しいためです。

例えば、プレゼンテーションする機会やミーティング、ドキュメントを英語で書くこともITエンジニアの仕事に含まれます。

どれだけ豊富な経験やスキルを持っていても、海外転職するためには英語を勉強しておくことがおすすめです。

欧米の場合は高いTOEIC900点以上の英語力が望ましい

欧米に転職したい場合、TOEIC900点以上の英語力が望ましいと言えます。

これは、チーム内でネイティブの同僚とコミュニケーションを取る必要があるためです。

例えば、欧米では自分の主張を発信できなければ、そこにいる意味はないとみなされてしまいます。

また、ITエンジニアはロジカルシンキングを持ち、根拠のある発言をする方も多く、上級レベルの英語力がなければ、対等にディスカッションすることも難しくなるでしょう。

英語力が高ければ発言量も増やせるので、欧米での海外転職を目指すならTOEIC900点以上の英語力が望ましいと言えます。

海外就職に英語は不要? 必要とされる英語力を就職先別にご紹介!

エンジニアが海外就職を目指すうえでの注意点

ITエンジニアが海外で働く場合、日本で働くときと異なる点があります。

そこで、エンジニアが海外就職を目指すうえでの注意点について解説します。

欧米ではTOEICよりもIELTSが一般的

英語資格取得を目指すなら、TOEICよりもIELTSの取得がおすすめです。

なぜなら、国際基準で認定されている資格であり、TOEICよりも世界的に認識されているためです。

例えば、イギリスやオーストラリア、ニュージーランド、カナダなどではビザ取得に必要な英語力を証明する資格として認定されています。

海外転職する場合、IELTSをあらかじめ取得しておくか、試験対策勉強しておくと、ビザをスムーズに申請できるメリットもあります。

エンジニアは英語が喋れる・読める方が大切

ITエンジニアは英語が喋れる・読める方が大切です。

なぜなら、ミーティングやプレゼンテーションでは喋れる力、ドキュメントや仕様書の理解には読める力が必要であるためです。

特に、読める力を勉強して鍛えておけば、マニュアルやドキュメントをすぐに理解でき、技術に落とし込めるので、業務の効率が飛躍的にアップするでしょう。

また、高いポジションを狙うときには、チーム内のマネジメントやジュニアエンジニアをサポートする必要があるので、コミュニケーションを取るために喋れる力が役立ちます。

資格の高得点取得を狙って闇雲に英語勉強に取り組むより、まずは仕事に必要な喋れる力や読める力を集中的に伸ばすことがおすすめです。

専門的なIT用語を英語で理解できるスキルも必要

ITエンジニアが海外転職する場合、専門的なIT用語を英語で理解できるスキルも必要です。

なぜなら、IT用語を英語で理解できれば、自分のスキルを最大限に活かせるためです。

例えば、プログラマーとして海外で働く場合、上司との打ち合わせに使える単語は以下のようなものがあります。

  • system incident/recovery(システム障害/復旧)
  • within a half day(半日以内に)
  • replace(取り替える)
  • propose(提案する)

ITエンジニアとして海外で働くには日常会話に加えて、IT現場に必要な単語や言い回しも学んでおく必要があると言えます。

関連記事

エンジニアが海外に転職を検討しようとしたとき、「海外のITエンジニアのレベルはどれくらい?」「海外のエンジニアは実務経験がない未経験でもできる?」「海外のエンジニアは英語力は必要なの?」この記事では、そんな悩[…]

エンジニアにおすすめの英語資格

ITエンジニアが海外転職するとき、世界的に認知度の高い英語資格を持っていると有利になります。

また、資格勉強を通して得た英語力は、転職後の生活や仕事でも活かせるでしょう。

それでは、エンジニアにおすすめの英語資格について解説します。

世界で通用する英語資格を取ろう|社会人が今受けるべき資格はコレ

一番のおすすめはIELTS

ITエンジニアが海外転職するなら、IELTSの取得が一番おすすめです。

なぜなら、IELTSは世界的に一番規模の大きい試験であるためです。

例えば、IELTSはイギリスやオーストラリア、ニュージーランド、アイルランドなどでも認知されています。

IELTSはネイティブにも広く知られているので、履歴書に書ければ十分な英語力を持つことをアピールできるでしょう。

海外で日系企業に勤める場合はTOEIC

海外で日系企業のITエンジニアになりたい方にはTOEICの取得がおすすめです。

これは、TOEICが日本で最も認知度が高い資格であるためです。

例えば、ビジネスレベルと言われるTOEIC700点以上を持っていると、海外で働くために十分な英語力があると証明できるでしょう。

日系企業ならブリッジシステムエンジニアとしてのポジションも狙いやすいので、ITスキルに加えて、TOEICを取得していると有利になります。

ヨーロッパでの就職を考える場合はケンブリッジ英検

ITエンジニアとしてヨーロッパで就職したい場合、ケンブリッジ英検の取得がおすすめです。

なぜなら、ケンブリッジ英検はヨーロッパでの認知が最も高い英語資格であるためです。

例えば、世界130カ国の25,000 以上の機関が英語力の証明としてケンブリッジ英検を認定しており、イギリスやスペイン、アメリカ、オーストラリアで人気の資格試験となっています。

広く知られているケンブリッジ英検を取得していれば、ヨーロッパで就職しやすくなるでしょう。

英語を使って海外就職した際のエンジニアの平均年収は?

ITエンジニアとして海外転職を考えるとき、気になるのは平均年収でしょう。

そこで、英語を使って海外就職した際のエンジニアの平均年収について解説します。

スイスやアメリカなど欧米諸国の年収は高い

エンジニアの平均年収が高いのは、スイスやアメリカなどの欧米諸国と言えます。

これは、欧米諸国は物価とエンジニアの価値が高いためです。

例えば、ヒューマンリソシア株式会社によるITエンジニアの国際平均年収比較は以下のようになっています。

ちなみに、日本円で換算すると上位3位の国の平均年収は1位スイス約1026万円、アメリカ約925万円、イスラエル約882万円です。

ITエンジニアとして海外転職し、年収アップを狙うなら、欧米諸国での就職を検討すると良いでしょう。

関連記事

エンジニアが海外に転職を検討しようとしたとき、「海外のITエンジニアの年収(給料)は高いの?そもそもいくらなの?」「日本のエンジニアと海外のエンジニアの違いは?」この記事では、そんな悩みを抱えているエンジニアの海外転[…]

海外のITエンジニアの年収(給料)は高い?アメリカなどの国際比較や日本との違いも解説

まとめ|ITエンジニアの海外就職に英語は必要!スキルを磨いて高年収も!

ITエンジニアが海外就職するためには英語力やスキルを磨くことが必要です。

また、エンジニアの平均年収が高い国やハイポジションを狙うことで、高年収を得られる可能性も高いと言えます。

自分の経験やスキルを磨き、英語力を向上して、ITエンジニアとしての海外転職を成功させてください。

CTA画像
転職エージェントの登録は3分もしないで登録が可能です。また、無理にいますぐ転職する必要もなく、登録だけ事前にしておいて、エージェントに希望する求人を探してもらうだけでも問題ありません。そこで、求人数が業界No.1の「リクルートエージェント」への登録をCareer-Worldではおすすめしています。ぜひこの機会に登録してみてくださいね。
いますぐ無料登録する!
\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録