海外就職に学歴は関係するの?学歴は必要なのか徹底解説

海外就職を検討するとき、

「海外就職に学歴は関係するの?学歴は必要な要素なの?」

この記事では、そんな海外就職の悩みを抱えている方に向けて、海外就職に学歴は関係するのか、どのくらいの学歴が必要なのかを解説します。

最後まで読むことで、海外就職と学歴の関係性を深く知ることができるでしょう。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

【結論】海外就職に学歴は関係しない

【結論】海外就職に学歴は関係しない

海外就職に学歴は関係しません。

日本のように新卒一括採用の文化はなく、学歴が不安な人でもチャレンジできるのが海外就職です。

海外就職における学歴について解説します。

国ごとに必要な学歴は異なる

国ごとに必要な学歴は異なります。

日系企業が多い国や、日本人が少ない国では高卒でも就職できる可能性は高いです。

タイ、マレーシア、フィリピン、ミャンマー、台湾などのアジアの国では、比較的日本人向けの求人が多く、学歴も重視していません。

対して、シンガポールやアメリカなどでは、大卒の方が有利になります。

しかし、学歴を補えるような経験や資格があると、どの国でも海外就職の可能性を可能性を高めることができます。

日本で実務経験を積んでから海外就職を目指すことが王道ですが、まずは学歴重視ではない国で就職し、他の国でキャリアアップを図る道もおすすめです。

高卒でも求められる学歴に影響しないこともある

十分な実務経験や資格があれば、学歴が影響しないこともあります。

なぜなら、企業は学歴よりも、自社にとって必要な能力を持つ人材を求めているからです。

もし、学歴条件に満たない場合は、資格や経験で補うこともできます。

学歴条件が緩和される例

例えば、ベトナムでは4年生大学卒が就労ビザの条件ですが、IT技術など特殊なスキルを持っている場合、学歴条件が緩和されることがあります。

また、高卒の場合、必要な実務経験年数を提示している国もあります。

マレーシアでは、高卒の場合でも10年以上の実務経験が証明できれば就労ビザを申請することが可能です。

実力主義の国も多いので、学歴を補えるほどのスキルがあればチャレンジしてみしましょう。

就労ビザの影響で大卒で海外就職が望ましい

就労ビザの影響で大卒で海外就職が望ましい

就労ビザの取りやすさを考えると、大卒の方が有利になる場合があります。

それでは、就労ビザと学歴の関係を解説します。

就労ビザとは?

就労ビザは海外で合法的に働くために必要な滞在証明です。

そのため、就労ビザの発行は、海外就職で最も重要な準備のひとつと言えます。

国によって就労ビザの種類はさまざまで、ビザの発行条件が細かく規定されています。

自分のスキルや能力と、就労ビザの条件を照らし合わせ、ビザの発行条件を満たしている国を狙うと効率的に海外就職の計画を進められます。

また、就労ビザを申請するためには、主に、学歴や資格、語学力、充分な資金があることの証明、現地の企業からのビザサポートなどが必要です。

働きたい国がある場合は、その国の就労ビザの発行条件を把握し、資格取得や資金準備をしておくと、就職できる可能性を高められるでしょう。

就労ビザの発行に大学のランクは関係しない

就労ビザの発行に大学のランクは関係しません。

卒業大学のランクよりも卒業したという事実である、学士や修士という称号の方を重視しています。

世界中に大学は無数に存在しており、国の教育システムによってランクの基準も変わります。

そのため、雇用主が各国の大学ランクを把握することは難しいと言えます。

例えば、ミャンマーに詳しい人でない限り、ミャンマーにある高いランクの大学名を挙げられる人はほとんどいません。

どの国でも大学卒業のためには学力や努力が必要であることは変わらないので、学士や修士などの称号の方が重視されています。

関連記事

海外就職を検討するとき、「海外就職に学歴は関係するの?学歴は必要な要素なの?」この記事では、そんな海外就職の悩みを抱えている方に向けて、海外就職に学歴は関係するのか、どのくらいの学歴が必要なのかを解説します。最後まで[…]

【東南アジアの国別】就労ビザ取得の学歴の条件

東南アジアの国別の就労ビザ取得条件は以下の通りです。

  • タイ:学歴制限なし
  • フィリピン:学歴制限なし
  • ミャンマー:学歴制限なし
  • マレーシア:専門卒以上(高卒の場合、10年以上の実務経験で申請可能)
  • ベトナム:大卒以上(5年以上の実務経験で申請可能になる場合もあり)
  • インドネシア:大卒以上(実務経験、資格の証明で申請可能になる場合もあり)
  • シンガポール:大卒以上

低学歴でも海外就職を成功させる方法

難易度が高い「駐在員」として就職する方法

低学歴でも戦略を立てて、効率的に計画を進めれば海外就職に成功できます。

それでは、学歴関係なく海外就職できる方法を紹介します。

転職エージェントを利用する

まずは、転職エージェントを利用してみましょう。

日本での就職に比べて情報量の少ない海外就職では、自力で求人を探すよりもプロに頼った方が効率的に海外就職の計画を進められます。

転職エージェントなら、学歴と職歴を加味して現地企業とのマッチングを行ってくれるので、自分に合った求人を効率的に見つけることも可能です。

非公開求人などもあり、自力では検索できない求人に出会える可能性も上げられます。

また、転職エージェントなら求人探しの時間を節約できるので、得られた時間で語学力向上や就労ビザに必要な書類作成など、他の準備に力を入れられるでしょう。

実際に現地に行って生活してみる→現地採用

実際に現地に行って生活してみてから、現地採用に挑戦する道もあります。

海外就職では、高学歴の人を雇っても、現地の生活に馴染めず離職されては企業にとっては損失になってしまいます。

そのため、低学歴でも現地の文化を知っていて、顧客ともスムーズにコミュニケーションが取れる人材の方が重宝されるでしょう。

学歴関係なく、すでに現地の生活経験が豊富で慣れている人は海外就職において有利になると言えます。

学歴関係なく利用できる海外就職におすすめの転職エージェントは2つ

海外就職エージェントは多数あるので、自分の条件や能力に合ったエージェント選びが重要です。

その中で学歴関係なく利用できるサービスを紹介します。

リクルートエージェント(RGF)


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年10月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

doda


doda
・英語、中国語を活かせる仕事が豊富
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年9月)


doda」は、CMなどでも放映していることから知名度が急上昇している転職エージェントです。

転職エージェントですが、コンサルタントの力を借りることなく、自分で転職活動を進めたい方は、転職サイトとしても活用できます。

つまり、コンサルタントをつけるつけないなど選択をすることができる珍しい転職サービスです。

若い世代に人気で、年収査定を無料で行えるので、ぜひ試してみてください。

\ 知名度は抜群 /

いますぐ無料登録する!

まとめ|海外就職に学歴は関係ない

海外就職に学歴は関係ない国は多数あります。

最初から諦めず、可能性がある国を見極めて積極的にチャレンジしていきましょう。

ただ、シンガポールは就労ビザは大学フィルターがあるのでシンガポールへの就職を考えている方は以下の記事もチェックしてみましょう。

関連記事

シンガポールへの就職を検討しようとしたとき、「シンガポールへの就職は難しいの?」「シンガポールで働くには?」「シンガポールで就職するのに学歴は必要?」この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、シンガポー[…]

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録