海外でエンジニアとして働く際のキャリアパスは?年収の国際比較も紹介

エンジニアが海外就職を検討しようとしたとき、

「海外でエンジニアとして働く際のキャリアパスは?それぞれの国の年収の国際比較は?」

この記事では、そんな悩みを抱えているエンジニアの海外就職希望者に向けて、海外で働くエンジニアのキャリアパスを解説します。

最後まで読むことで、海外へのエンジニア就職希望者がキャリアパスの設計方法を理解できるでしょう。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

関連記事

エンジニアが海外に転職を検討しようとしたとき、「エンジニアが海外転職する方法は?」「エンジニアの海外転職におすすめの転職エージェントは?」この記事では、そんな悩みを抱えているエンジニアの海外転職希望者に向けて、エンジ[…]

海外エンジニアのキャリアパスはシニアエンジニアを目指すことから

エンジニアが海外就職を目指すとき、まずシニアエンジニアになることが必要です。

シニアエンジニアの技術力があれば、応募できる海外求人の幅も広がるでしょう。

そこで、海外エンジニアのキャリアパスについて解説します。

シニアエンジニアはチームのまとめ役

シニアエンジニアはチームのまとめ役です。

これは、シニアの仕事は高い技術力を活かした開発はもちろん、エントリーレベルやジュニアエンジニアの世話係も兼ねているためです。

例えば、経験や技術がまだ十分でないジュニアエンジニアが仕事で分からないことがあれば、まずシニアエンジニアに助けを求めます。

また、プロジェクトの進行具合やチーム内の技術状況をマネージャーやディレクターに報告することもあるでしょう。

シニアエンジニアは十分なキャリアや経験、技術が必要なチームのまとめ役となります。

シニアエンジニアとは?なるには?役割・年収・キャリアパス

海外はプログラマーの年収も高い

海外はマネージャーやディレクターだけでなく、プログラマーの年収も高いと言えます。

なぜなら、海外ではプログラマーの価値を正しく評価されているためです。

例えば、アメリカでプログラマーになるには、コンピューターサイエンスの学位が必要であり、優秀な人材と認識されています。

したがって、社会的地位も高く、伴って給与も高くなっています。

ちなみに、アメリカのプログラマーの平均年収は857万円で、日本の498万円よりはるかに高いと言えます。

プログラマーは高い給与を得られる業種であるため、海外ではコンピューターサイエンスを学ぶ子供たちも増加しています。

システムエンジニアの海外移住はどこがいい?年収の国際比較

システムエンジニアとして海外移住するなら、それぞれの国の年収も参考にすると良いでしょう。

そこで、システムエンジニアの年収の国際比較について解説します。

関連記事

エンジニアが海外に転職を検討しようとしたとき、「海外のITエンジニアの年収(給料)は高いの?そもそもいくらなの?」「日本のエンジニアと海外のエンジニアの違いは?」この記事では、そんな悩みを抱えているエンジニアの海外転[…]

海外のITエンジニアの年収(給料)は高い?アメリカなどの国際比較や日本との違いも解説
関連記事

ITエンジニアが海外移住を検討しようとしたとき、「ITエンジニアは海外移住して働くことは可能?」この記事では、そんな悩みを抱えているITエンジニアの海外移住希望者に向けて、ITエンジニアとして海外でちゃんと継続して働くことは[…]

ITエンジニアとして海外移住は可能?海外就職のレベルやキャリアパスを解説

システムエンジニアの給与ランキングは欧米諸国がトップ

システムエンジニアの給与ランキングは欧米諸国がトップとなっています。

なぜなら、欧米諸国は物価やエンジニアの価値が高いためです。

例えば、ヒューマンリソシア株式会社のレポートによると、IT技術者の年収ランキングは1位からスイス、アメリカ、イスラエルになっています。

  1. スイス(92,500USドル、約1026万円)
  2. アメリカ(83,389USドル、約925万円)
  3. イスラエル(79,511USドル、約882万円)

エンジニアとしての経験やキャリアを活かして海外就職したい方は、欧米諸国を狙ってキャリアプランを立てると年収アップできるでしょう。

システムエンジニアの給与伸び率はタイが一番多い

システムエンジニアの給与の伸び率は、タイが1番多くなっています。

これは、タイがオフショア開発の委託先としてたくさん外資系企業が進出しているためです。

例えば、2020年タイの給与伸び率はデータが取得できた直近年に比べて38.3%となっています。

人件費を抑えられ、不足しているIT人材も確保できるオフショア開発の委託先として、今後もタイのシステムエンジニアの給与は高まっていくと予想できます。

海外エンジニアのキャリアパスで年収を上げる方法

海外でエンジニアとして就職した後は、入念にキャリアプランを立て、経験を積むと年収アップも狙えます。

そこで、海外エンジニアのキャリアパスで年収を上げる方法について解説します。

海外のエンジニアの年収は?年収を増やす方法を解説

海外のエンジニアは何よりも技術力が大切

海外でエンジニアになるなら、何よりも技術力が大切です。

なぜなら、海外は実力主義の社会が多いためです。

例えば、日本のように経験やキャリア不問の求人は少なく、企業は即戦力かつ業績を上げられる人材を求めています。

就職後も、仕事に関する勉強を続け、技術力を磨いていくことが必要です。

技術力を証明できる資格取得もおすすめ

技術力を証明できる資格取得もおすすめです。

なぜなら、資格を持っていることで海外就職しやすくなり、将来日本に帰国する選択をしても役職や年収アップに繋がる可能性もあるためです。

例えば、プロフェッショナルエンジニアの資格はアメリカの各州で公的な資格として認められており、履歴書に記載できると他の応募者と差別化できるでしょう。

また、海外で働いた後に日本で再就職する場合、企業が指定した資格を持っていると、資格手当を得て、より高い給与をもらえる場合があります。

ITエンジニアのキャリアパスは近年多様化していますが、どの道を選んでも技術力を証明できる資格は役に立つでしょう。

海外エンジニアのキャリアパスに役立つ資格

エンジニアが海外で就職する場合、取得しているとキャリアアップに繋がる資格があります。

そこで、海外エンジニアのキャリアパスに役立つ資格について解説します。

ITの国際資格を紹介!世界で通用するIT資格の取得難易度は?転職やスキルアップにオススメの資格も解説

世界で通用する IT 資格 6選!SE (エンジニア) で生きていくには資格が大事

CITP

CITPは認定情報技術者の略で、取得できれば情報技術処理のプロフェッショナルであることを証明できます。

CITPは国際的な相互資格認証を推進する組織であるIP3がアジアで初めて認定した資格です。

世界的に通用するCITPを取得すれば、海外転職の強い味方になってくれるでしょう。

AWS Certification

AWS Certificationを取得すれば、AWSの専門知識があることをアピールできます。

これは、AWS Certificationはクラウドの専門知識を持つことを証明する資格であるためです。

例えば、クラウドサービスを活用している企業では役に立つでしょう。

AWS Certificationは3段階に分けられているので、自分の経験に合わせて入門や中級、上級段階を取得してください。

Google Cloud Certified

Google Cloud Certifiedは全10種類あるGCP(Google Cloud Platform)認定資格の1つです。

開発チームリーダーやプロジェクトマネージャー、アーキテクト向けの上級試験であるため、取得には高い専門知識が必要です。

GCPベースの開発プロジェクトがある企業では重宝される資格と言えます。

シスコ技術者認定資格

シスコ技術者認定資格は国際資格であり、ネットワーク関連技術やソリューション能力を持つことを証明できます。

このシスコ技術者認定資格は5つのレベルが設けられています。

したがって、キャリアアップやより高い給与を得るためには、最高水準の認定であるアーキテクトの取得を目指すといいでしょう。

Comp TIA認定資格

Comp TIA認定資格を取得していると、セキュリティに関するスキルと知識があることを証明できます。

また、Comp TIA認定資格はグローバルに通用する資格にもなっています。

急激に発展する業種であるIT業界の最新事情に合わせて試験内容もアップデートされており、最新情報に対応できるので実務にも役立つでしょう。

Microsoft認定資格プログラム

Microsoft認定資格プログラムは米Microsoft Corporationが実施しており、世界共通で認識されている資格です。

マイクロソフト製品に関する知識と技能をレベル別に認定しており、開発者やデータエンジニア、セキュリティエンジニアなど仕事内容に沿った認定資格を選択できます。

ORACLE認定資格

ORACLE認定資格はOracle Certification Program (OCP) との連携が取れ、世界共通基準が認定されている資格です。

ORACLE認定資格にはデータベース認定資格とJava認定資格があります。

働く企業や仕事内容によって取る資格やレベルを選択するといいでしょう。

海外エンジニアの種類ごとの求められるレベル

エンジニアが海外で就職する場合、どの程度のスキルや経験を持っていればいいか気になる方もいるでしょう。

そこで、海外エンジニアの種類ごとに求められるレベルについて解説します。

ソフトウェアエンジニアの海外就職は実装ができるレベル

ソフトウェアエンジニアの海外就職は実装ができるレベルが必要です。

なぜなら、海外で仕事を得るためには即戦力になれるスキルをアピールすることが重要であるためです。

例えば、面接時に技術課題を与えられる場合があり、応募企業が求める実装できなければ合格できません。

フルスタックエンジニアのように開発の全てをこなせる必要はありませんが、実装できるレベルの技術力があれば、海外就職しやすいでしょう。

AWSエンジニアは日系企業でも求人有り

AWSエンジニアは日系企業でも求人があります。

これは、クラウドコンピューティング市場は急成長している分野であるためです。

例えば、日本企業のフルリモート求人も募集されており、日本語で仕事をしながら海外移住も目指せるでしょう。

需要が高まっているAWSエンジニアなら、就職先を確保してから海外で暮らすキャリアプランも立てられます。

iOSエンジニアはヨーロッパの方がポジションが得やすい

iOSエンジニアはヨーロッパの方がポジションを得やすいと言えます。

なぜなら、ヨーロッパはIT人材が多く、IT産業も盛んであるためです。

例えば、チェコやオランダでiOSエンジニアとして活躍する日本人エンジニアもたくさんいます。

ヨーロッパならアメリカより就労ビザを取得しやすい国もあるので、iOSエンジニアとして海外就職するならヨーロッパでのキャリアプランがおすすめです。

海外ではシステムエンジニアでも開発経験が必要

海外ではシステムエンジニアでも開発経験が必要です。

これは、海外では資格よりも実務経験が重視されるためです。

例えば、近年、オフショア開発が盛んになっており、開発経験のあるブリッジSEが必要とされています。

開発経験があることで、プロジェクトの上流からコーディングまで全体を理解できるので、業務を効率的に進める指示を出せるでしょう。

海外でSEになるのに必要な3つのスキル|海外で仕事をするなら英語が必要

まとめ|海外でのエンジニアのキャリアパスは管理職以外もある

海外でのエンジニアのキャリアパスは管理職以外もあります。

日本で培ったキャリアや経験を活かして海外で自分の希望に合ったキャリアパスを歩んでください。

CTA画像
転職エージェントの登録は3分もしないで登録が可能です。また、無理にいますぐ転職する必要もなく、登録だけ事前にしておいて、エージェントに希望する求人を探してもらうだけでも問題ありません。そこで、求人数が業界No.1の「リクルートエージェント」への登録をCareer-Worldではおすすめしています。ぜひこの機会に登録してみてくださいね。
いますぐ無料登録する!
\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録