マレーシアの英語不要求人・仕事・アルバイト・転職情報

マレーシアへの就職または移住を検討しようとしたとき、

マレーシアの求人で英語不要なのはあるの?

英語力がなくてもマレーシア就職はできるの?

この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、マレーシアには英語不要の求人があるのか、英語力がない人でもマレーシアで働けるのかを解説します。

最後まで読むことで、英語不要の求人が実際にあるのかがわかるでしょう。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

【結論】マレーシアの英語不要の求人はたった数件

マレーシアで働きたくても、語学力が不安という方もいるでしょう。残念ながらマレーシアで英語不要の求人は多くはありません。

そこで、WEB上で探せるマレーシアの英語不要求人について解説します。

WEB上で探せるマレーシアの英語不要求人は少ない

WEB上で探せるマレーシアの英語不要求人は非常に少ないと言えます。

なぜなら、同じ語学力に自信のない方を雇うなら、現地ですでに働けるビザを持っている方を雇用するほうが、企業にとっては効率的であるためです。

例えば、WEB上で英語力不要の求人を見つけて日本から応募し、採用されても、マレーシアの就労ビザの取得や引っ越しに手間や時間がかかります。

就労ビザに関しては、企業がサポートする必要があるので、現地で雇える人を直接探すほうが企業にとってメリットが大きいでしょう。

WEBに求人掲載する前に現地で雇用する場合が多いので、日本からWEB上で探せる英語不要求人はあまり多くありません。

マレーシアの英語不要求人を探す3つの方法

マレーシアの英語力不要求人を見つけることが難しいとは言え、全く求人がない訳ではありません。

少しでも見つかる可能性が高い方法を選んで、定期的に確認することが重要です。

それでは、マレーシアの英語不要求人を探す方法について解説します。

「リクルートエージェント」に登録する


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が261件(2022年5月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!
関連記事

マレーシアで就職するにあたって、転職エージェントに登録したいと思ったときに、「マレーシアの就職では、どの転職エージェントや求人サイトに登録したらいい?」「コールセンターやカスタマーサポートの求人もあるの?」この記事では、[…]

騙されるな!マレーシア・クアラルンプールでおすすめの転職エージェント6選!

インディードで探す

インディードで探す

常に英語不要求人の新着情報をチェックしたい方は、インディードの利用もおすすめです。これは、インディードなら検索条件の新着求人をメールで知らせてくれるためです。

例えば、新着求人にすぐに応募することで、他の求職者よりも企業にあなたの印象を強く残せるでしょう。

さらに、ただでさえ少ない英語不要求人は掲載されてから時間が経っていると、すでに募集を終了している場合もあります。

掲載が少ない条件の応募には瞬発力も大切なので、インディードを使えばいつでも新着求人に応募できる体制を整えられます。

URL:https://jp.indeed.com/

マレーシア掲示板で求人を確認してみる

マレーシア掲示板で求人を確認してみる

マレーシア掲示板で求人を確認することもおすすめです。なぜなら、日本人オーナーが求人を掲載していることが多く、英語不要求人に出会える可能性が高いためです。

例えば、掲示板では日本食店や美容師、ネイリストなどの求人が掲載されています。

連絡も日本語でできるので、まずは語学力がいらないクリーナーなどの裏方からスタートできないか気軽に相談もできます。

自分で日本語のやりとりや交渉ができるマレーシア掲示板なら、語学力不問の条件を保ったまま仕事探しの幅を広げられるでしょう。

URL:https://kaigai-bbs.com/gbr/

トビビト

トビビト

トビビトは、マレーシア就職のための求人が掲載されています。

日本語でチャットとメールのみで、就職することが可能になりますが、リクルートエージェントのようにサポートがついてないので、海外就職がはじめての方にはリクルートエージェントがおすすめです。

URL:https://www.tobibito.club/

マレーシアは英語ができない人・英語力がなくても就職できる?

マレーシア就職するためにはやはり英語力が必須なのか疑問に思う方もいるはずです。

そこで、マレーシア就職における英語力について解説します。

関連記事

英語力に自信がなくて話せない…でもマレーシアで働きたい!「英語できないけどマレーシアで仕事はできるの?」この記事では、そんな悩みを抱えているマレーシアへの就職希望者に向けて、マレーシアで英語ができなくても働くことができるのか[…]

英語力があることで就職は有利

マレーシア就職において、英語力があることは有利になります。なぜなら、こなせる業務が多くなり、英語力を持つことは継続力の証明になるためです。

例えば、運良く英語力不問の職に就けたとしても、その後も語学力が低いままでは同じ業務を淡々とこなすだけになるでしょう。

これでは企業側にとってあなたを雇うメリットは低くなってしまいます。今は語学力に自信がなくても、継続して勉強を続けることで英語力を上げることは可能です。

語学力が低くても勉強を継続している、向上心を持って取り組んでいることをアピールすることも大切と言えます。

マレーシアに社宅付き求人はある?

社宅付きの求人はマレーシアではほぼありません。

今までに募集のあった社宅付き求人は、クアラルンプールから離れている工場のみです。

また、マレーシアは、家賃も生活費も日本と比べて安いことから、社宅付きの求人でなくても十分に設備の整ったマンションなどで生活できます。

つまり、社宅付きの求人にこだわる必要はないといえるでしょう。

関連記事

マレーシアで就職するにあたって、「マレーシアに社宅付き求人があればすぐに移住できるんだけど、英語不問などで社宅付き求人ってあるの?」この記事では、そんな悩みを抱えているマレーシア移住希望者に向けて、マレーシアに社宅付き求人はある[…]

マレーシアに社宅付き求人はある?学歴不問やアルバイトの求人も併せて紹介

マレーシアのビザについて

マレーシアにはビザなしで90日間滞在することができます。

90日を超えるロングステイにはMM2Hビザか雇用ビザのどちらかが必要です。

MM2H|マレーシア・マイ・セカンド・ホーム

「Malaysia My 2nd Home」の頭文字を取ったMM2Hビザは、マレーシア政府が運営する外国人向けの長期滞在プログラムです。

一度取得すれば最長5年マレーシアに滞在することができ、更新も可能

配偶者や扶養家族の家族ビザが申請できるので、家族での移住も現実的だといえます。

MM2Hの申請条件

MM2H新規申込みがコロナ禍の影響で2020年にストップし、2021年10月に再スタートするにあたって新たな申請条件が設定されました。

<金銭条件>

  • 銀行残高が150万RM(約4400万円)以上ある
  • マレーシア国外での月収が4万RM(約118万円)以上ある
  • 定期預金が100万RM(約2965万円)以上ある

<そのほか>

  • マレーシアで定期預金を組む
  • 無犯罪証明書
  • 年間合計90日以上のマレーシアに滞在する

手続き費用は以前は無料でしたが、変更後は申請者は5,000RM(約14万円)、家族は1,500RM(約7万円)と有料に変更されました。

金融資産や収入の基準も上がり、以前よりも移住のハードルが高くなっています。

老後に移住も可能

MM2Hビザは条件を満たせば50歳以上でも申請可能なので、リタイア後の移住にも活用できます。

月収金額の条件があるので、退職する前に申請するとよいでしょう。

就労ビザ:雇用パス

MM2Hの条件を満たせなくても、マレーシアの法人で採用されれば就労ビザを申請し、長期滞在することが可能です。

マレーシアの雇用主に雇用される管理職、専門職の外国人に発給されます。

月収によって雇用期間や家族ビザ申請の可否が異なり、収入が上がるほど自由度が高くなります。

職種によって学歴などの条件があるので、申請する必要があるなら雇用主によく確認しましょう。

移住後の仕事

クアラルンプールには多くの企業が集まっているので就職のチャンスも多いです。

メーカーや物流、観光立国であることからホテルや観光業界など、さまざまな業界の求人が出ており、マレーシア専門の転職エージェントもあるほどです。

就労ビザでの移住を考えるなら、日本から求人に応募したりエージェントに相談することもおすすめです。

移住する前に

マレーシアにはワーキングホリデーなど、自分で申請できる手軽な長期滞在ビザがありません。

ビザなしの滞在も90日までと限られているので、移住する前にどのビザでどんな暮らしをしていくのか、しっかり計画を立てておきましょう。

まとめ|マレーシアの英語不要求人なら「リクルートエージェント」

マレーシアの英語不要求人は数が少なく、自力で見つけることは困難と言えます。

サポートが充実している「リクルートエージェント」なら、英語不要求人に出会える可能性が高くなるでしょう。

語学力に自信がなくても諦めず、見つかる可能性が高い方法をたくさん試して夢のマレーシア就職を成功させてください。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録