インドの駐在は地獄で最悪って本当?メリットとデメリットも解説

インドへの就職または移住を検討しようとしたとき、

「インドの駐在は地獄で最悪って本当?」

「インドの駐在でメリットってあるの?」

この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、インドの駐在は地獄なのか、インドに駐在するメリットとデメリットもお伝えしながら解説します。

最後まで読むことで、インドの駐在について深く知ることができるでしょう。

リクルートエージェントアジア中心に海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント(RGF)」。
日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。海外の求人情報アジアへの就職を考えてるなら「リクルートエージェント(RGF)」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

公式サイトを見る

インドの駐在は地獄で最悪?

インドの駐在について調べていると、インドについてネガティブな印象を持っている駐在員が多くいます。

そこで、インドの駐在は地獄で最悪という意見について解説します。

インドの駐在が地獄な理由は生活が最悪だから!

インドの駐在が地獄な理由は、日本や東南アジア他国に比べて生活環境が厳しく、最悪だと感じる人が多いためです。

例えば、日本とインドは衛生面のレベルの差が大きく、レストランの食べ物でお腹を壊したり、トイレが不潔だったりします。

生活や文化の基礎的な部分がインドと日本では違いすぎるので、インドの生活が合わないと嘆く駐在員も多いです。

インドの生活が最悪な理由とデメリット

インドと日本の生活とは大きく違い、短期滞在の旅行者ですらインドに2度と行きたくないとネガティブな印象を持つこともあります、

そこで、インドの生活が最悪な理由とデメリットを解説します。

食べ物が不味い

食事は生活の中で最も重要な要素の1つですが、インドの食べ物が不味いと困っている在住者も少なくありません。

なぜなら、インド人と日本人の味覚が大きく違うためです。

例えば、インド人なら毎日のようにスパイスたっぷりのカレーを食べられますが、日本人の舌は毎日スパイスカレーでは疲れてしまいます。

大都市では日本食も手に入りますが、輸入品であるため値段が高く、購入できる場所も限られています。

食べ物が合わない、不味いと感じれば、日本食を購入するなどの対策もできますが、余計な出費や手間がかかるでしょう。

インドの宗教はヒンドゥー教

インドの宗教はヒンドゥー教であり、日本に比べると簡単に手に入る食材が限られています。

これは、ヒンドゥー教が神聖なものや不浄なものは口にしない宗教であるためです。

例えば、羊肉や鶏肉、野菜や果物などは簡単に購入できますが、ヒンドゥー教において、神聖なものである牛肉や、不浄なものである豚肉を購入できる場所はあまりありません。

インドでは宗教がヒンドゥー教であるため、日本の生活に比べると食の選択肢が少なくなると言えます。

衛生面が最悪

インドの街では、ゴミが散乱し、異臭が漂っていることもあります。

特にトイレの衛生が最悪で、日本では見たことのないようなトイレの使い方をしているインド人も少なくありません。

これは、ヒンドゥー教の影響で、不浄なものであるトイレは設置しない家庭が多かった過去があるためです。

政府が各家庭にトイレの普及を進めましたが、その後トイレの設備維持ができなかったため、未だトイレの衛生面は改善されていません。

さらに、水道から出る水が錆びていることもあり、洗濯やシャワーをしていても日本ほど清潔にはなりません。

世界トップレベルの衛生観念を持つ日本人にとって、不衛生なインドで生活することは非常に困難であると言えます。

大気汚染が世界最悪なレベル

インドでは大気汚染が世界最悪レベルであり、特に秋が最も酷くなります。

なぜなら、農家が秋になると収穫後の畑を焼き、次の収穫に備えているためです。

さらに、毎年「ディワリ」というヒンドゥー教の祭典があり、爆竹などの花火から発生する二酸化炭素も大きな原因となっています。

日本人に限らず、インドの大気汚染は誰にとっても耐え難く、外で仕事をしている現地のインド人ですらマスクを付けて働いています。

数時間出歩くだけで喉が痛くなったり、咳が止まらなくなったりと、インドの大気汚染の現状は非常に深刻です。

このように、インドでは生活に支障をきたすレベルの大気汚染が問題になっています。

時間にルーズなど日本の生活と反対

日本とインドの文化や国民性は、大きく違っており、現地人との感覚のズレがストレスになる場合もあります。

これは、日本人が時間厳守の国民性であることに対して、インド人が時間にルーズなおおらかな国民性を持っていること理由です。

例えば、インドでは電車が時間通りに来ないことや、ビジネスのアポイントメントに時間通りに行かないことは当たり前だと捉えています。

それも15分や30分などではなく、数時間遅れてくることも日常茶飯事です。

日本人にとって、数分の遅刻でも落ち着かず、イライラすることもありますが、インド人はその待ち時間をどう楽しむかと思考の切り替えができるほどポジティブな人が多くいます。

待つことも遅れることも慣れていない日本人にとっては、真逆の考え方を持っているインド人との生活に戸惑ってしまうでしょう。

娯楽がなく、休日が暇

インドに住み始めた日本人の多くは、休日の過ごし方に困っています。

なぜなら、インドには日本に比べて、圧倒的に娯楽が少ないためです。

例えば、気軽に立ち寄れるコンビニやカフェなどもなく、他の東南アジアの国に比べても娯楽に関しては低レベルの国と言えます。

映画館で上映しているのは、ほぼインド映画で、本もヒンドゥー語か英語の本がほとんどです。

娯楽のないインドに耐えかねて、日本人同士でスポーツチームを作ることもあり、在住者にとってはスポーツが最大の娯楽になっています。

このように、インドでは休日にすることがなく、退屈だと感じている日本人在住者がたくさんいます。

インドに駐在するメリット

インド駐在に不便は多いですが、もちろんデメリットに見合うメリットもあります。

それでは、インドに駐在するメリットについて解説します。

海外赴任手当の支給

海外赴任手当は、インセンティブ手当とも呼び、駐在員になれば支給される手当です。

海外赴任手当が支給されるのは、海外勤務で発生する労苦やストレスを金銭で報いるためです。

例えば、駐在員は現地で働くインド人をマネジメントする立場になることが多く、インド人の時間にルーズな点や、残業しない点を考慮する必要があるなど、日本人だけと働く場合と違ったストレスが生まれます。

海外赴任手当が支給されると手取りは増えますが、インドで仕事をするための能力や柔軟な対応が求められます。

ハードシップ手当の支給

ハードシップ手当は危険手当とも呼び、派遣される国によって手当の金額は異なります。

ハードシップ手当が支給されるのは、派遣国のインフラの整備や食品の安全性、治安、衛生面などによって駐在員が生活に対応する必要があるためです。

例えば、インドでは水道から錆びた水が出ることもあり、生活用水も購入する必要があります。

このような生活に関する不便の金銭的補助に、ハードシップ手当が支給されます。

住民税を支払いは不要

インドに駐在する場合、住民税の支払いは不要になります。

なぜなら、駐在員になると派遣期間は1年以上になることが多く、1年以上海外に滞在すると非居住者になり、住民税の支払い義務がなくなるためです。

1月1日に日本に住所があれば住民税が課税されるため、1月に出国した場合でも、次の12月31日分までの住民税は支払う必要があります。

しかし、派遣1年目の住民税は会社が負担してくれる場合もあるので、出国前に確認しておくといいでしょう。

ハードシップ手当No.1はインド

ハードシップ手当は派遣先の生活水準によって金額が異なります。

日本の生活に近い派遣国であれば、ハードシップ手当も低くなりますが、生活が大きく異なるインドのハードシップ手当は他国と比べると最高額です。

それでは、インドのハードシップ手当について解説します。

ハードシップ手当の支給額の平均

インドのハードシップ手当の平均は122,596円になっており、ハードシップ手当額2位ブラジルの平均67,900円と比べると大きな差があります。

なぜなら、インドでは水道水が飲めない、衛生管理が整っていない、また、食事が日本と違いすぎるためです。

例えば、スパイスを多用する、慣れていない食事を取り、ゴミが散乱する異臭の漂う街で生活していると、発熱したり、お腹を下したりする駐在員も少なくありません。

インドの衛生環境を考えると、食中毒と常に隣り合わせの生活を送ることにもなるので、ハードシップ手当が高額になるのも納得できるでしょう。

インドに駐在するには?

インドの駐在にはメリットもデメリットもあるため、経済面や待遇を吟味して駐在する方法を考える必要があります。

そこで、インドに駐在する方法について解説します。

転職エージェントを利用する

インドに駐在するためには転職エージェントを利用しましょう。

なぜなら、転職エージェントでは、自分の能力やキャリア、条件に合わせて求人を紹介してもらえるからです。

また、非公開求人もあり、自力では探しきれない求人を紹介してもらえる可能性もあります。

転職エージェントの他には、求人サイトや現地で就職活動するなどの方法がありますが、これらの方法では膨大な時間と手間がかかる上に、駐在できる確率も低くなってしまいます。

転職エージェントなら、プロのコンサルタントが求人探しから就職後の生活の相談まで行ってくれるので、安心です。

インドの駐在は就職後の生活に慣れるまでの間、体力や気力が必要になるので、就職活動は転職エージェントを使って効率的に進めるといいでしょう。

インド駐在におすすめの無料の転職エージェント

インド駐在をするなら転職エージェントの利用がオススメです。

なかでも無料の転職エージェントがあるので、3つ紹介します。

リクルートエージェント(RGF)


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年6月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

無料で登録する

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2019年12月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

無料で登録する

doda


doda
・英語、中国語を活かせる仕事が豊富
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年5月)


doda」は、CMなどでも放映していることから知名度が急上昇している転職エージェントです。

転職エージェントですが、コンサルタントの力を借りることなく、自分で転職活動を進めたい方は、転職サイトとしても活用できます。

つまり、コンサルタントをつけるつけないなど選択をすることができる珍しい転職サービスです。

若い世代に人気で、年収査定を無料で行えるので、ぜひ試してみてください。

\ 知名度は抜群 /

無料で登録する

まとめ|インドの駐在は最悪というネガティブ意見も多い

インドは1度住めば帰りたくないという意見と、2度と行きたくないという意見が顕著に2分化する珍しい国です。

ネガティブな意見も知っておくとインド生活の前に心の準備が整うので、デメリットも十分に情報収集しておきましょう。

\国内外の転職におすすめの無料転職サービス/
\ 国内外求人数No.1 /
リクルートに無料登録