外資系転職に年齢制限はない!35歳以降など年齢別のポイントも解説

  • 2021年12月8日
  • 2022年1月3日
  • 外資系
  • 7view

外資系への転職って年齢制限があるの?

外資系の年代ごとの転職ポイントって?

外資系転職に適切なタイミングっていつ?

こんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事では、外資系転職の年齢制限に解説しています。

一読することで、年齢ごとの外資系転職対策を理解することが可能です。

外資系企業への転職を成功させる方法も参考にして、キャリアアップの夢を叶えましょう。

目次

外資系企業への転職に年齢制限はない

外資系企業への転職を考えるとき、年齢が高くなると不利になるのか不安に思う方もいるはずです。

外資系企業は実力が重視されるので、転職は年齢に左右されません

そこで、外資系企業への転職の年齢制限について解説します。

基本的に何歳でも転職可能

外資系企業への転職は基本的に何歳でも可能です。

なぜなら、年齢よりも成果を上げられることが重視されるためです。

例えば、40代頃までは日系企業に比べ採用される年齢の幅が広く、企業に利益をもたらす人材であると判断されれば転職に成功できるでしょう。

ただし、40代以降は管理職などハイクラス求人しかなかったり、どれだけ年齢が高くても成果を上げ続けなければ昇進や昇給できなかったり、外資系ならではの注意点もあります。

外資系企業への転職は日系企業よりも採用される年齢の幅が広い分、今までの経験やスキルが重視されると言えます。

未経験や転職経験・定年などの場合は関係することも

未経験や転職経験・定年などの場合は、年齢が関係することもあります。

これは、企業は長期的に成果を上げ続けられる人材を求めているためです。

例えば、未経験では仕事を覚えることに時間を費やすため、若い方が有利です。

また、転職経験がなく1つの企業に長く勤めてきた応募者に対しては、新しい環境に適応し、成果を出せるか不安に思う企業もあります。

さらに、定年まで数年の場合、成果を上げられる人材に長期間働いてもらいたいと思っている企業からは敬遠されるでしょう。

外資系企業への転職には年齢は重視されませんが、応募者の持つ条件によっては年齢が関係する場合もあると言えます。

年齢制限はないが年齢によって求められることは変わる

年齢制限はありませんが、年齢によって求められることは変わります

なぜなら、年齢が高い方には今までのキャリアで培った経験やスキルを活かすことを企業は期待しているためです。

例えば、35歳までであれば、プレーヤーとして実績があり企業に貢献できることを重視しています。

40代以上の方には実務経験に加えて、チームを管理するマネジメント能力があると、より有利になるでしょう。

年齢に見合った経験やスキルを持ち、適切にアピールできると外資系企業への転職に成功できるでしょう。

外資系のマネージャーの年齢は30歳以降が多い!メンバークラスの意味も解説

外資系企業に転職するなら、転職後のキャリアプランも入念に調査することが大切です。

そこで、外資系のマネージャーの年齢やメンバークラスの意味について解説します。

35歳以降はマネージャーでの採用となることが多い

あくまで目安ではありますが、35歳以降はマネージャーでの採用となることが多いと言えます。

なぜなら、35歳以上は日常的に先輩社員として後輩社員を指導してきた方が多い傾向があるためです。

例えば、上司という肩書きがなくても、後輩の模範となりつつ成果を上げてきた方はリーダーの素質があると判断される可能性が高いと言えます。

1つの目安とは言え、35歳以降はマネージャーで採用される場合があります。

メンバークラスは日系企業で言う平社員

ジュニアクラスとも呼ばれるメンバークラスは日系企業で言う役職のない平社員です。

業務拡大に伴って、増員することを目的にこのメンバークラスを中途採用する外資系企業もあります。

例えば、若手を中心に営業やコンサルタント、エンジニアなどを雇用し、業務拡大に対応します。

長期的な人材育成やキャリア育成のために、メンバークラスを採用する外資系企業も多いと言えます。

20代で外資系企業に転職する際のポイント

若いうちから外資系企業への転職を狙うとき、自分の経験や英語力が十分か不安に思う方もいるでしょう。

そこで、20代で外資系企業への転職を狙うときのポイントについて解説します。

未経験でも学歴や資格が評価される

未経験でも学歴や資格が評価されます

なぜなら、外資系企業は応募者の学歴や資格を見て能力を判断する場合があるためです。

例えば、外資系企業には有名大学卒業者がたくさんいます。

また、TOEICやIELTSなどの英語関連資格はもちろん、国際秘書検定や米国公認会計士、MBAは外資系企業転職の人気資格です。

未経験なら自分の能力を証明できる学歴や資格をアピールすることが大切です。

英語力は気にしないところもある

英語力は気にしないところもあります。

これは、外資系企業とは言え、社員はほぼ日本人である企業も多いためです。

例えば、管理職などの高いポジションでは本社とのやり取りがあり、英語力が必要ですが、ポジションによってはあまり英語を使わない場合もあります。

外資系企業でも必ず英語面接がある訳ではなく、日本語のみで面接する企業も多いと言えます。

自分の経験をどう活かせるのかを強くアピールする

自分の経験をどう活かせるのか強くアピールすることも大切です。

なぜなら、外資系企業では自信を持って仕事に取り組み、成果を上げる人材を求めているためです。

例えば、面接で謙虚になり過ぎて経験を上手くアピールできなければ、業務でも実力を発揮できない印象を与えてしまうでしょう。

成果を強く求める外資系企業の面接では、今までの経験や能力を確実に強く伝えることが重要です。

35歳以上など30代で外資系転職をする際のポイント

30代で外資系転職する場合、今までの経験や実績を活かすことが大切です。

そこで、35歳以上など30代で外資系転職をする際のポイントについて解説します

30代はマネジメント経験をアピールする

30代はマネジメント経験をアピールしましょう。

なぜなら、30代向けの外資系企業求人にはマネージャークラスが多いためです。

例えば、同職種での数年間経験があることに加えて、マネジメント経験があると他の応募者との差別化が図れます。

海外経験や高い英語力を持った方と競争する必要がある30代の外資系転職にはマネジメント経験があると面接で有利になると言えます。

即戦力になる具体的な実績が必要

即戦力になる具体的な実績は必要です。

なぜなら、企業は30代の転職者に、入社後すぐに成果を上げることを期待しているためです。

例えば、同業種や業界で数年の経験があることも含め、経験を活かしてどのように会社に貢献できるかアピールできると良いでしょう。

具体的なプロジェクトや数字を使って実績を説明できるように整理し、準備することが大切です。

マネージャーはビジネス英語が求められることも

マネージャーはビジネス英語が求められることもあります。

これは、本社とのやり取りがある場合、英語でのコミュニケーションは必須であるためです。

例えば、発音が悪くても論理的に伝わる英語を話せるとマネージャーとしての仕事をこなせるでしょう。

応募する企業やポジションに英語力が必要か調べ、事前にブラッシュアップすることが大切です。

45歳でも可能?40歳以上で外資系転職をする際のポイント

外資系企業は日本企業と異なり、40歳以上の転職も可能です。

そこで、40歳以上で外資系転職をする際のポイントについて解説します。

転職後のキャリアプランが大切

40代の外資系転職では、転職後のキャリアプランが大切です。

なぜなら、日本の終身雇用制度は崩れつつあるためです。

例えば、40代で外資系企業に転職後、転職先企業での昇進や定年までにやりたい仕事など、5年後や10年後のキャリアプランを考える必要があります。

今や定年まで働き続けられるか分からない時代になってきているので、40代の外資系転職でも将来のキャリアプランを細かく設定する方が安心と言えます。

次に転職する可能性があることも考える

次に転職する可能性があることも考えましょう。

なぜなら、外資系企業ではキャリアアップのための転職は当たり前であるためです。

例えば、十分なキャリアを積めば、より年収を上げられる可能性のある企業への転職や、40代のニーズが高い企業への転職も考えらえるでしょう。

実力・成果主義の外資系企業では40代以上のさらなる転職も可能です。

年収ダウンの転職は避ける

年収がダウンする転職は避けましょう

これは、40代の外資系転職で年収アップは優先すべき条件であるためです。

例えば、経験や実績はすでにあるので、40代なら管理職や役員などのエグゼクティブ転職も可能です。

したがって、40代にとって転職して年収アップを狙うことの難易度は高くありません。

20代の転職ならやりがいや企業への憧れを転職軸にできますが、40代では高いポジションや年収を狙っていくべきだと言えます。

外資系企業への転職は女性でも年齢制限なし!気を付けるポイントは?

外資系企業では女性が年齢制限なくたくさん活躍しており、外資系転職に憧れる女性も多いはずです。

そこで、女性が外資系企業への転職で気を付けるポイントについて解説します。

女性でも年齢制限はなし

女性でも年齢制限はありません

なぜなら、外資系企業の採用では年齢を重要視していないためです。

例えば、20代では伸びしろを期待するポテンシャル採用があったり、30代以上では経験や能力を考慮して採用されたりしますが、重視されるのは人柄や可能性、キャリアであり、年齢ではありません。

男性に限らず外資系転職は女性でも年齢は関係ないと言えます。

自由度は高いが実力主義

外資系企業では自由度が高いですが実力主義と言えます。

なぜなら、外資系企業では成果を上げる人材を重宝するためです。

例えば、勤務時間や服装などのワークスタイルが日系企業よりも自由ですが、業務においては実績を重ねる必要があります。

プライベートとのバランスが取りやすい代わりに、仕事では実力を身に付ける必要があるでしょう。

年収などに男女差はない

年収などに男女差がないことも外資系企業の特徴です。

これは、成果に対しての評価が年収に直結するためです。

例えば、女性のリーダーや管理職も多く、男女平等に実力さえあれば掴めるチャンスはたくさんあります。

自分の実力を試し、成果を正しく評価され、年収アップを目指したい女性に外資系企業はおすすめです。

出産や子育てへは柔軟に対応してくれる

外資系企業では出産や子育てへは柔軟に対応してくれます

なぜなら、家庭環境の変化に合わせて働ける環境が整っているためです。

例えば、産後休暇や育児休暇の取得サポートに積極的な外資系企業も多く、休暇期間も体調や事情に合わせてくれる傾向が高いと言えます。

子育て中の時短勤務に対応してくれる企業もあり、外資系企業は女性にとって働きやすいでしょう。

外資系銀行にキャリアアップしたい!適切な年齢や必要スキルは?

銀行は外資系の花形とも言え、外資系銀行にキャリアアップを希望する方もいるでしょう。

そこで、外資系銀行のキャリアアップに適切な年齢や必要スキルについて解説します。

1番需要があるのは業界経験のある20代後半~30代後半

1番需要があるのは業界経験のある20代後半〜30代後半と言えます。

これは、外資系企業はある程度、実務経験のある人材を求めているためです。

例えば、日本企業では第二新卒の採用に積極的な企業もありますが、外資系企業では確かな実務経験を持つことを重要視しています。

実務経験が3年以上になる時期である20代後半〜30代後半の需要は高く、外資系転職しやすい年齢と言えます。

ジュニアクラスなら未経験でも挑戦可能

ジュニアクラスなら未経験でも挑戦可能です。

なぜなら、外資系企業は転職者が多く、ジュニアクラスの出入りが激しいためです。

例えば、3年働いてスキルを身につけた後、転職するジュニアクラスの方も多いため、欠員が出やすくなります。

未経験でも優秀な人材ならジュニアクラスで採用される可能性は高いと言えます。

語学力はTOEIC860点が目安

語学力はTOEIC860点が目安です。

これは、外資系企業ではビジネスレベルの英語力が必要であるためです。

例えば、書類やメールのやり取りで日常的に英語を使うことも多く、最低でもリーディングスキルは身に付けておいた方がいいでしょう。

外資系企業ではTOEIC900点以上を取得する方も多く、英語力が高ければ業務もスムーズにこなせます。

業務内容をある程度把握しておくことが大切

業務内容をある程度把握しておくことも大切です。

なぜなら、ポジションによって必要な経験やスキルが異なるためです。

例えば、アナリストなら未経験でも応募できますが、アソシエイトならM&Aプロジェクトに携わっていた経験、ヴァイスプレジデント以上ならM&Aプロジェクトの指揮、PEやVCでの上役経験などが必要でしょう。

業務内容を把握し、自分の経験や能力をアピールすることが大切です。

モデリングや法務・会計知識があると有利

モデリングや法務・会計知識があると有利です。

なぜなら、これらの知識があることで、投資銀行業務をこなし、企業に利益をもたらす人材であると判断されるためです。

例えば、M&Aや資金調達など、財務のプロフェッショナルは重宝されるでしょう。

通常業務に加えて専門的な知識を活かせると外資系では有利と言えます。

外資系企業に転職するための適切なタイミングは1月!

転職の成功率を上げるためには応募するタイミングを見計らうことも重要です。

そこで、外資系企業に転職するための適切なタイミングについて解説します。

事業計画を実行する1月下旬から2月がおすすめ

外資系に転職するなら、事業計画を実行する1月下旬から2月がおすすめです。

これは、企業が1月に新年度の経営計画を立てるためです。

例えば、1月上旬には経営計画に沿った雇用計画を立て、採用を開始します。

したがって、ある程度候補者が集まる1月下旬から2月が最適なタイミングと言えます。

外資系転職では事業計画を実行する1月下旬から2月がおすすめです。

四半期目標を目指す9月から10月もおすすめ

四半期目標を目指す9月から10月も転職に適切なタイミングと言えます。

なぜなら、人事の入れ替えが発生する場合があるためです。

例えば、9月から10月は各部門のマネージャーが年度末の目標数値を意識し始める頃で、未達成の社員がいれば入れ替えを検討します。

人事に動きが出る9月から10月も外資系転職では狙い目と言えます。

6月から8月は海外の休暇も多く求人も少ない

6月から8月は外資系求人が少ない時期です。

これは、夏は海外の休暇が多く、業務が進まないためです。

例えば、アメリカでは家族を持つ管理職が子供の夏休みに休暇を取ることが一般的で、その間、外資系企業では決済が滞ることもあります。

6月から8月は休暇を取る社員が多く、採用活動が活発ではないので、夏の外資系転職活動は避けた方が良いでしょう。

【全年齢共通】外資系企業への転職を成功させるポイント

外資系企業は日系企業に比べると文化や風潮が違い、外資系転職するときも日系企業とは異なる注意点があります。

そこで、外資系企業への転職を成功させるポイントについて解説します。

自己アピールは強気にアピールすのがおすすめ

自己アピールは強気にアピールすることがおすすめです。

なぜなら、外資系企業の面接では謙虚さよりも自信が大切であるためです。

例えば、面接で空気を読んで遠慮してしまうと、実務でも本来の実力を発揮できない印象を与え、採用しても成果を上げられないと判断されるでしょう。

自己アピールは日系企業の面接より、自信を持って強気にアピールしてください。

志望動機や給与などは具体的に伝える

志望動機や給与などは具体的に伝えましょう。

なぜなら、外資系転職のメリットの1つは高い年収であるためです。

例えば、転職の目的が年収アップなら、ストレートに伝える方が成果を上げるために努力できる印象を与えられます。

高収入が魅力の外資系企業だからこそ、志望動機や給与は具体的に伝えると有利になるでしょう。

英語が必要か確認しておく

英語が必要か確認することも大切です。

なぜなら、英語が必要なポジションの面接は、英語面接に切り替わる可能性があるためです。

例えば、外資系企業で働く社員は日本人が大半であり、英語面接をしない会社もたくさんあります。

英語面接がない企業なら自己アピールや今までの業績の整理に時間を使え、英語面接がある場合は準備が必要なので、英語が必要かは事前に確認しましょう。

外資系転職に強い転職エージェントを利用する

外資系転職に強い転職エージェントの利用もおすすめです。

これは、転職エージェントなら外資系求人をたくさん保持しているためです。

例えば、外資系求人は中途採用が多く、効率的に採用活動を進めるために転職エージェントに委託する企業もたくさんあります。

転職エージェントなら転職サイトにない求人も見つけられる可能性が高いので、登録や相談することがおすすめです。

【全年齢共通】外資系企業への転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントはそれぞれ得意分野があり、外資系求人をたくさん持っているエージェントへの登録が転職成功へのカギです。

そこで、外資系企業への転職におすすめの転職エージェントについて解説します。

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2021年12月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

いますぐ無料登録する!

JACリクルートメント


JACリクルートメント
・海外進出関連企業の管理職、エグゼクティブ人材
・東南アジアで日系No.1の人材紹介会社
・グローバル人材紹介のプロ集団がいる


JACリクルートメント」は、エグゼクティブ人材の正社員紹介に特化している人材紹介サービスです。

日本国内にも多数拠点があり、キャリアなどの相談をすると一括で世界の各拠点へつなぎ仕事を紹介する仕組みになっています。

それから、利用者の満足度が94.5%と高く、24時間以内の返信など対応の丁寧さと情報の質の高さが理由といえるでしょう。

さらに、求職者1人に対して複数のキャリアコンサルタントから求人の紹介をするシステムがあるので、ぜひ利用することをオススメします。

\ 外資系求人が最大級 /

いますぐ無料登録する!

リクルートエージェント


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年11月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

キャリアアップで起業という選択も!年齢制限なく誰でもチャレンジできる

キャリアアップする方法は外資系転職だけではありません。

そこで、年齢制限なくチャレンジできる起業について解説します。

起業にも年齢制限はない

起業にも年齢制限はありません

これは、アイディアさえあれば、誰でも起業に挑戦できるためです。

例えば、努力と行動力は必須ですが、起業するハードルは低く、資金がなくても企業できる方法もあります。

ポテンシャルがある若い方でも、キャリアを積み、経験豊富な方でもチャレンジしやすいことが起業のメリットと言えます。

体力面で適切な時期は20代~30代

体力面で適切な時期は20代〜30代です。

なぜなら、失敗しても取り返せる時間があるためです。

例えば、事業が軌道に乗るまで体力や時間を投資する場合もあり、年齢を重ねていると継続できない可能性があります。

また、万が一失敗しても20代や30代なら体力があれば資金を取り戻す時間を短縮できるでしょう。

リスクに備え、企業を大きく成長させられるチャンスを増やすためにも、体力や時間を投資できる若いうちから起業することがおすすめです。

40代~50代は実績を活かせる反面リスクもある

40代〜50代は実績を活かせますが、リスクもあります。

これは、今まで培ったキャリアや実績だけでは成功できない可能性があるためです。

例えば、若い世代のなかに飛び込める柔軟な考え方やフットワークの軽さ、常に向上心を持っていると、実績を大いに活かして企業できるでしょう。

40歳以上から起業し、成功している方もたくさんいるので、強いビジョンや覚悟を持って挑むことが重要です。

まとめ|外資系企業への転職年齢制限はない!年齢に合ったスキルでチャレンジしよう

外資系企業への転職は日系企業と異なり、年齢制限はありません。

年齢に合ったスキルで外資系転職にチャレンジすることが大切です。

まずは、さまざまな外資系求人に出会うためにも転職エージェントに登録、相談してください。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録