外資系企業は休みがないの?日系企業と休暇事情の違いを解説

  • 2021年12月8日
  • 2022年1月3日
  • 外資系
  • 9view

外資系って休みがないってホント?

日系企業との休みの違いが知りたい

そもそも外資系ってどんな会社?

こんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事では、外資系企業の休暇事情について詳しく解説しています。

一読することで、外資系企業でワークライフバランスが取れた働き方ができるかどうか理解することが可能です。

外資系企業の休み以外のメリットやデメリットも理解して、新しいキャリアにチャレンジしてみましょう。

外資系企業は1ヶ月以上も休みが取れる!休暇事情を解説

外資系企業は1ヶ月以上も休みが取れる!休暇事情を解説

外資系企業は日系企業に比べると、休みを取りやすいと言えます。

そこで、1ヶ月以上の休みも取れる外資系企業の休暇事情について解説します。

結果を出していれば有給休暇も自由にとれる

結果を出していれば有給休暇も自由に取れます

なぜなら、外資系企業では成果を上げていれば、休暇が取りやすいためです。

例えば、外資系企業は日系企業よりもプライベートを大切にする傾向があり、結果を出していれば個人的な理由でも有給休暇を取得できます。

有給休暇を取りやすい会社で働きたい方には外資系企業がおすすめと言えます。

1ヶ月以上の長期休暇を取れる会社もある

1ヶ月以上の長期休暇を取れる会社もあります。

これは、ロングバカンスを取ることが一般的である外資系企業が多いためです。

例えば、1ヶ月以上の休暇を利用して社会人でも海外旅行を楽しめることも外資系企業で働くメリットと言えます。

ワークライフバランスを保ち、仕事を忘れて長期休暇を楽しみたい方は外資系転職を検討すると良いでしょう。

外資系企業と日系企業は休みが違う!年末年始に休暇が取れないことも

外資系企業と日系企業は休みが違う!年末年始に休暇が取れないことも

外資系企業は日系企業とは休みを取れる時期が異なる場合もあります。

そこで、外資系企業の年末年始の休暇について解説します。

会社によってはお盆や年末年始に休暇がないこともある

会社によってはお盆や年末年始に休暇がないこともあります。

なぜなら、これらの休暇は日本特有の習慣であるためです。

例えば、お盆の時期に休めない分、7月〜9月の間に夏季休暇をローテンションで取ったり、年始早々に仕事始める分、クリスマス近辺で長期休暇を取れたり、日系企業の休暇とはずれる場合があります。

お盆や年末年始に休めない場合もありますが、代休は取れるので、家族や友人と相談してプライベートの計画を立てる必要があるでしょう。

クリスマス近辺に休暇が取れる会社もある

クリスマス近辺に休暇が取れる会社もあります。

これは、本社が欧米にある場合、本社の業務がストップするためです。

例えば、12月20日頃にはクリスマスホリデーが始まり、2週間ほど休める会社もあります。

本社とのやり取りが多いポジションや企業に転職すれば、クリスマス近辺で休暇を取れるでしょう。

取引先が日本企業の場合は休めることもある

取引先が日本企業の場合はお盆や年末年始に休めることもあります。

なぜなら、日本の祝日によって営業日を決めるためです。

例えば、海外に本社があっても取引先が日本企業である場合、年末年始に稼働しても業務は進まないでしょう。

したがって、取引先が日本企業である場合は、お盆や年末年始に休める場合もあります。

関連記事

「外資系企業と日系企業の違いって?」「それぞれのメリットやデメリットが知りたいな」「外資系への転職を成功させるコツは?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では外資系企業と日系企業の違いについて解説していま[…]

外資系企業と日系企業の違いは大きい!メリットやデメリットを理解して転職しよう

そもそも外資系企業とは?休み以外で3つにわけられる

そもそも外資系企業とは?休み以外で3つにわけられる

外資系企業は日本企業とは休みの他にも異なる点があります。

そこで、外資系法人の3つのタイプについて解説します。

海外企業の日本法人

海外企業の日本法人は外資系企業の1つです。

これは、海外企業が日本に進出したケースが当てはまります。

例えば、Googleやマイクロソフトが海外企業の日本法人です。

日本進出したばかりの企業は本社とのやり取りが多くなるため、転職には高い英語力が必要でしょう。

海外企業と日本企業の共同出資でできた法人

外資系企業のもう1つのタイプは、海外企業と日本企業の共同投資でできた法人です。

このタイプは出資の割合によって企業の文化が異なります。

例えば、海外企業が半分以上投資している場合は、海外寄りの社内文化ができ、半分以下なら日系企業の働き方に近くなるでしょう。

海外企業と日系企業の共同投資でできた法人はどちらかの会社が出資を引き上げ、子会社になる場合もあります。

海外企業が日系企業を買収

海外企業が日系企業を買収すると外資系企業になります

海外企業に買収された企業は労働文化が海外寄りになりこともありますが、日本の習慣にならっているケースがあるので、休暇取得や残業文化は変わらない場合もあります。

また、本社にレポートする必要がある場合は、急遽英語が必要になるでしょう。

勤めている日系企業が海外企業に買収されると、外資系企業になる場合もあります。

外資系企業のメリット

外資系企業は日系企業にはない魅力があります。

そこで、外資系企業で働くメリットについて解説します。

休暇を取得しやすい

休暇を取得しやすい

休暇を取得しやすいことが外資系企業で働くメリットです。

なぜなら、有給休暇を消化することが当たり前であるためです。

例えば、日系企業よりも有給休暇取得率が高く、1年目から有給取得OKの会社もあります。

自分でスケジュール管理し、成果を上げれば長期休暇も取りやすい環境が整っています

完全成果報酬型

完全成果報酬型

完全成果報酬型であることも外資系企業のメリットです。

なぜなら、年功序列など関係なく、正しく自分の実力を評価してもらえるためです。

例えば、能力が高ければ若くても管理職になれたり、成果に対して十分な給料をもらえたり、年齢や性別に関係なく成果を評価されます。

チャレンジ精神や向上心が強い方に完全成果報酬型の外資系企業はおすすめです。

関連記事

「外資系企業にボーナスってあるの?」「外資系企業でよく聞くアウォードって何?」「結局外資系っていくら稼げるの?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では外資系企業のボーナスの有無や年収事情について解説してい[…]

外資系企業のボーナス事情を解説!仕組みの違いや年収も詳しく紹介

スピード感を持って仕事ができる

スピード感を持って仕事ができる

外資系企業のメリットは、スピード感を持って仕事ができることです。

これは、外資系企業は合理性を求めているためです。

例えば、日系企業でさまざまな人から認証が必要なプロジェクトでも、外資系企業では優劣の判断を素早く行い、良いプロジェクトはすぐに実行に移せます。

無駄を省き、合理的に働きたい方は、スピード感を持って仕事ができる外資系企業で働くと良いでしょう。

外資系企業のデメリット

外資系企業にはメリットがある反面、デメリットもあります。

デメリットを知って、リスクに備えることが大切です。

そこで、外資系企業のデメリットについて解説します。

突然解雇になることもある

突然解雇になることもある

外資系企業では突然解雇になることもあります。

これは、成果が出せないと解雇される可能性が高いためです。

例えば、実力がなく、会社に貢献できていなかったり、ミスをして損失を出したりすれば、自主退職に追い込まれるでしょう。

実力があれば好待遇を受けられる反面、外資系企業はシビアな面もあり、突然解雇になるリスクもあります。

退職金や福利厚生がないことも

退職金や福利厚生がないことも

退職金や福利厚生がないこともあります。

なぜなら、外資系企業は年俸制であるためです。

例えば、退職金やボーナスがない分、優秀な人材には十分な給料を支払います。

給料と共に、退職金や福利厚生も入念に調査し、自分が希望する条件に合っているか確認することが大切です。

人気の外資系コンサルは年収が高く休みが取れる会社も多い

外資系企業は給料が高く休暇が取りやすいとは言え、実際にどれほどの待遇が受けられるか疑問に思う方もいるはずです。

そこで、人気の外資系コンサル会社の年収や休暇について解説します。

関連記事

「外資系コンサルの転職難易度ってどれくらい?」「有名コンサル会社の具体的な難易度や対策は?」「未経験からコンサル会社に転職は無理?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では外資系コンサル会社への転職難易度を[…]

外資系コンサル転職難易度ランキング!成功するポイントや難しさを企業ごとに解説

モルガン・スタンレーは残業時間も少なめ

モルガン・スタンレーは残業時間も少なめ

モルガン・スタンレーは残業時間も少なめです。

なぜなら、近年、労働環境を見直し、改善する企業が増えているためです。

例えば、Vorkersのクチコミによると、モルガン・スタンレーの平均残業時間は50.8時間と他の外資系コンサル会社に比べると少ないと言えます。

かつては残業時間が130時間を超える外資系企業も多かったなか、モルガン・スタンレーは残業時間が少ないホワイト会社です。

詳細はこちら!

マッキンゼー・アンド・カンパニーは残業が多いが有休消化率は高め

マッキンゼー・アンド・カンパニーは残業が多いが有休消化率は高め

マッキンゼー・アンド・カンパニーは残業が多いが有休消化率は高めです。

なぜなら、外資系コンサルが裁量労働で括られる職種であるためです。

例えば、コンサルタントの仕事はプロジェクト型であり、プロジェクトが終わるまでは残業が多くなりますが、次のプロジェクトが始まるまでは長期休暇が取りやすいと言えます。

ちなみに、マッキンゼー・アンド・カンパニーの平均残業時間は90.6時間ですが、有休消化率は79.4%です。

外資系コンサルは決まった労働時間がなく、残業も多い反面、プロジェクト完了後は長期休暇を取れます

詳細はこちら!

まとめ|外資系企業は大変だが休みは取りやすい

外資系企業は大変ですが休みは取りやすいと言えます。

自分が希望する条件に合わせて企業研究し、新しいキャリアへのチャレンジを検討してください。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録