外資系企業の合否連絡が来ない!面接結果や選考結果の遅い理由や合格の判断方法

  • 2021年12月15日
  • 2022年1月3日
  • 外資系
  • 62view

外資系企業からの合否連絡が来ないけど不採用?

外資系の面接結果が知りたいけどどうすればいい?

もう待てない!転職再開させてもいいかな?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、外資系企業の合否連絡が遅い理由について詳しくまとめています。

一読することで、合否連絡が遅い際の対処法について学ぶことが可能です。

外資系企業の一般的な選考プロセスや、書類選考の結果が遅い際の対処法も参考にして不安を解消しましょう。

目次

外資系企業の面接の合否連絡が来ないからと言って不採用ではない!理由5選

外資系企業の面接を受け、合否連絡が来ないと不安になる方もいるはずです。

企業の事情によって連絡が遅れる場合もあり、不採用と確定したわけではありません。

そこで、外資系企業の面接の合否連絡が来ない理由5選について解説します。

選考のプロセスが決まっていないから

外資系企業では選考のプロセスが決まっておらず、合否連絡が遅れる場合があります

なぜなら、選考の最中にプロセスを考える企業も多いためです。

例えば、外資系企業ではポジションごとに面接官が異なり、面接する回数も異なります。

したがって、選考スタートしてからプロセスが進むごとに誰に会わせるか決めることも日常茶飯事です。

外資系企業の選考は明確なルールがなく、順調にプロセスが進まない場合もあります。

採用したい人材に出会えていないから

採用したい人材に出会えていない場合も合否連絡が遅れます

これは、より多くの候補者を見比べ、優秀な人材を採用したいためです。

例えば、求める条件が高すぎる場合、募集するポジションへの応募者が集まらず、途中で募集要項を変更します。

したがって、採用プロセスも変更になり、時間がかかる場合があります。

選考の案内が遅れているときは、企業が採用したい人物に出会えていない可能性も高いでしょう。

採用予定自体が白紙になりそうだから

採用予定自体が白紙になりそうな場合もあります。

なぜなら、外資系企業は頻繁に組織改変するためです。

例えば、業績目標に届かない部署で採用活動していた場合、選考途中でプロセスを止めてしまいます。

社内でも採用の動向の見通しが立たず、判断を待っており、採用担当者からの応募者への連絡も慎重になるケースもあります。

面接官や採用担当者が長期休暇だから

面接官や採用担当者の長期休暇を理由に、採用連絡が遅れている場合もあります。

なぜなら、長期休暇の間は採用プロセスがストップしてしまうためです。

例えば、海外のマネージャーや面接官が選考に関わっていると、夏やクリスマスには休暇を取っており、採用の可否の判断ができません。

採用担当者の長期休暇中は応募者への連絡も遅くなると言えます。

関連記事

「外資系って休みがないってホント?」「日系企業との休みの違いが知りたい」「そもそも外資系ってどんな会社?」こんな悩みを抱えてはいませんか?この記事では、外資系企業の休暇事情について詳しく解説しています。[…]

外資系企業は休みがないの?日系企業と休暇事情の違いを解説

担当者が連絡を忘れているから

担当者が連絡を忘れているパターンもあります。

これは、同時に複数人の候補者と連絡を取っているためです。

例えば、複数のポジションをまとめて1人が担当している場合、単純な連絡漏れをするケースもあるようです。

採用担当者がフォローアップを忘れていることを理由に、連絡が遅れることもあります。

外資系の面接結果が遅いとき合格か確認するポイント

外資系の面接を受け、結果を待っている時間をストレスに感じる方もいるはずです。

合格か確認するためにできることもできるので、あまりに連絡が遅い場合は試してみると良いでしょう。

そこで、外資系の面接結果が遅いとき、合格か確認するポイントについて解説します。

転職エージェント経由の場合はエージェントに確認

転職エージェント経由の場合はエージェントに確認してみましょう

なぜなら、転職エージェントならあなたの代わりに企業に連絡してくれるためです。

例えば「優秀な人材が逃げますよ。」と念押しして、企業に面接結果を出すことを促してくれます。

転職エージェントを利用した場合は、まずエージェントに確認してみることがおすすめです。

直接応募の場合遠慮せず確認してOK

直接応募の場合は遠慮せず確認しましょう

なぜなら、転職したいタイミングを逃さないためです。

例えば、他社の選考スケジュールを調整したい場合、選考後1週間以上経っていればメールや電話で問い合わせて確認しても問題ありません。

また、採用担当者が候補者への連絡を忘れている場合も、自分から連絡すれば選考プロセスが進む可能性も高まります。

希望の企業に入社できるチャンスを掴めるよう、遠慮せずに確認することが大切です。

大手外資系転職の最終面接結果は1週間~2週間は様子を見る

最終面接を受けた後、1週間~2週間は様子を見る方が良いと言えます。

そこで、大手外資系転職の最終面接結果待ちの期間について解説します。

1週間~2週間後までに結果を出すのが一般的

大手外資系企業は1週間~2週間までに結果を出すのが一般的です。

なぜなら、合否結果の連絡期間は企業内の事情に左右されるためです。

例えば、連絡スピードは評価には関係なく、連絡が来るのが選考翌日でも2週間後でも評価が変わることはありません。

大手外資系企業は最終面接を受けてから1週間~2週間は待つと良いでしょう。

企業によっては1ヶ月かかることも認識しておく

企業によっては1ヶ月かかることも認識しておきましょう。

これは、1ヶ月間、他の候補者の選考が続いている場合があるためです。

例えば、最終面接結果を出すことは企業にとっても大きな決断であり、社内の事情も関わると連絡までに約1ヶ月かかる可能性もあります。

通知が先延ばしになることも十分にあり得るので、結果待ちの時間は焦らずに待つことも大切です。

最終面接結果待ちで遅いと感じたら中途の転職を再開させるのもあり

最終面接後の結果待ちの時間は有効に活用することがおすすめです。

不採用の場合でも、スムーズに転職活動を再開できるでしょう。

そこで、最終面接結果待ちで遅いと感じた場合の行動について解説します。

あまりにも待たされる場合は転職を再開させよう

あまりにも待たされる場合は転職を再開させましょう

なぜなら、選考プロセスに時間をかける会社は社内統制がルーズな場合があるためです。

例えば、他社の選考を受けていないと面接で言った場合でも、結果待ちと並行して転職活動を続けても問題ありません。

自分が転職したいタイミングに会わせるためにも、結果待ちが長い場合は転職を再開させた方が良いと言えます。

前回の面接の反省や振り返りをするのもおすすめ

前回の面接の反省や振り返りをするのもおすすめです。

これは、今後の面接に役立つためです。

例えば、質問された内容や、うまく回答できなかった質問、面接官の反応などをメモに残しておくと、次の面接では冷静に対処できるでしょう。

ただ結果を待っているだけではなく、面接の反省や振り返りをして次の面接のために準備することも大切です。

転職エージェントに転職活動再開したことを伝える

転職エージェントに転職活動再開したことを伝えましょう

なぜなら、次の転職候補先をスムーズに紹介してもらえるためです。

例えば、転職サイトを利用して自力で転職活動している場合、求人探しから再開する必要があります。

しかし、転職エージェントなら、すでにあなたの経験やキャリアを知っているため、最適な応募先企業を素早く紹介してくれるでしょう。

転職エージェントに転職活動したことを伝えると、最終面接結果待ちの時間も有効に使えます

転職エージェントは複数利用する

転職エージェントは複数利用しましょう

なぜなら、転職エージェントによってコンサルタントの質が異なるためです。

例えば、担当コンサルタントがうまくプッシュやフォローできていない場合、選考がより遅れる場合もあります。

また、リクナビNEXTによると、転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

転職成功率を上げるためにも転職エージェントは複数利用した方が良いでしょう。

外資系企業の転職におすすめの転職エージェント

効率良く採用活動するために、転職エージェントに委託している外資系企業も多いと言えます。

そこで、外資系企業の転職におすすめの転職エージェントについて解説します。

リクルートエージェント


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年11月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2021年12月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

いますぐ無料登録する!

JACリクルートメント


JACリクルートメント
・海外進出関連企業の管理職、エグゼクティブ人材
・東南アジアで日系No.1の人材紹介会社
・グローバル人材紹介のプロ集団がいる


JACリクルートメント」は、エグゼクティブ人材の正社員紹介に特化している人材紹介サービスです。

日本国内にも多数拠点があり、キャリアなどの相談をすると一括で世界の各拠点へつなぎ仕事を紹介する仕組みになっています。

それから、利用者の満足度が94.5%と高く、24時間以内の返信など対応の丁寧さと情報の質の高さが理由といえるでしょう。

さらに、求職者1人に対して複数のキャリアコンサルタントから求人の紹介をするシステムがあるので、ぜひ利用することをオススメします。

\ 外資系求人が最大級 /

いますぐ無料登録する!

外資系企業の合否で不安にならないために選考プロセスを確認しよう

外資系企業の選考を受けるとき、選考プロセスを知っておくと余計な心配をしなくて済むでしょう。

そこで、外資系企業の選考プロセスについて解説します。

選考プロセスは一般的に4段階

外資系企業の選考プロセスは一般的に4段階あります

なぜなら、海外本社も選考プロセスに関わっているためです。

例えば、外資系企業の一般的な選考の流れは以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 2次面接
  4. 3次面接(ない場合もある)

このとき、1〜2のプロセスは日本拠点で完結するので、スムーズに進む場合が多いと言えます。

しかし、3以降の流れは海外本社が関わるので、時差やコミュニケーション頻度の関係からプロセスが遅れる場合もあるでしょう。

2次面接以降のスケジュールで海外本社とのやり取りが始まるので、選考プロセスが遅くなっていても不安になりすぎる必要はありません

外資系企業の書類選考の結果が遅い!期間はどれくらい?

外資系の書類選考は結果が出るまでに時間がかかる場合があります。

そこで、外資系企業の書類選考の結果が出るまでの期間について解説します。

1週間以内の回答が一般的

書類選考の結果は1週間以内の回答が一般的です。

なぜなら、1件のポジションに対して複数人の応募者がいるためです。

例えば、候補者を公正に評価するためには少なくとも数日はかかります。

応募者が時間をかけて履歴書を作成したことを企業側も適切に理解しているので、正当な評価をするために書類選考には少なくとも1週間はかかると言えます。

書類を細かく見ていて遅くなるケースもある

書類を細かく見ていて遅くなるケースもあります。

これは、企業側は適切な候補者に面接時間を使いたいためです。

例えば、ポジションに合った経験やスキルを持っているか、今までの功績が企業にとって利益となり得るかを書類審査で慎重に判断します。

企業にとって必要な人物像と見なされれば、時間がかかっても必ず面接に辿り着けるので、書類審査の連絡が遅れていても落ち着いて待つことが大切です。

あまりにも遅い場合は次の求人を探す

あまりにも遅い場合は次の求人を探しましょう

なぜなら、転職成功のチャンスを増やせるためです。

例えば、選考中の企業よりも、より良い条件の求人に出会える可能性も高まります。

1つの選考に固執せず、広い視野を持って転職活動を進めることがおすすめです。

外資系の書類選考後の面接の連絡が来ない!確認するポイントや注意点

外資系の書類選考後、面接の連絡が来ず、不安になる方もいるはずです。

そこで、確認するポイントや注意点について解説します。

企業に連絡する際に責めるのはNG

企業に連絡する際に責めることはやめましょう

これは、強く催促することはマナー違反に当たり、内定が遠ざかる可能性があるためです。

例えば、催促しているつもりがなくても、マナー違反をする人物であると判断されれば、今後の選考に影響が出る場合もあります。

企業に問い合わせるときは、言葉遣いや伝え方には細心の注意を払うことが大切です。

問い合わせは営業時間中

問い合わせは営業時間中に行いましょう

なぜなら、営業時間外のメールや、相手の予定を気遣わない電話はマナーに反するためです。

例えば、営業終了後にメールを送ったり、営業時間開始直後や終了間際に電話したりすると、社会人のマナーが身についていない印象を与えてしまいます。

したがって、採用担当者の仕事が落ち着く午後2時〜午後4時の間に問い合わせると良いでしょう。

最低限社会人のマナーを守って問い合わせ時間に注意すると、印象が悪くなることを避けられます

聞きたい内容をメモしておく

聞きたい内容をメモしておくことも大切です。

これは、必要な質疑応答を簡潔に済ませるためです。

例えば、質問の内容が分かりにくく、話が長くなると印象が悪くなり、今後の選考に影響する可能性もあります。

採用担当者の時間を必要以上に取らないためにも、聞きたい内容は事前に確認し、メモしておくことが大切です。

まとめ|外資系の合否連絡は遅れることも多い!

外資系の合否連絡は遅れることも多いと言えます。

連絡が遅れていても不安になり過ぎず、落ち着いて他社の選考を受けたり、選考プロセスについて問い合わせたりすることが大切です。

転職エージェントなら、あなたの代わりにうまくプッシュしてくれる可能性もあるので、エージェントへの相談も検討すると良いでしょう。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録