外資系企業の定年は何歳?日系企業との意識の違いとは?

  • 2022年4月17日
  • 2022年5月11日
  • 外資系
  • 3view

外資系企業には定年がないって本当なの?

外資系企業で65歳まで勤めるにはコツがあるの?

外資系企業で定年まで働くために20代・30代からできることってあるの?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、外資系企業の定年の仕組みや、定年まで働くためのポイントついて詳しく解説しています。

最後まで読むことで、外資系企業の定年に対する認識を知ることができ、外資系での働き方をより具体的にイメージできるようになるでしょう。

外資系企業で定年まで働くためのコツを知り、転職活動を成功させましょう。

リクルートエージェント求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

外資系の転職において、実績・満足度ともにNo.1で、10万件以上の求人から外資系求人を無料で探すことが可能です。

外資系への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

リクルートが運営しているので、企業からの圧倒的な信頼からリクルートエージェントにしかない求人も多数保有しているので、少しでも転職を考えているなら登録しておいて損はないでしょう。

無料で登録する
目次

外資系企業の定年は何歳?

終身雇用が当たり前の日系企業では、65歳が定年とされています。

一般的に終身雇用の制度がない外資系企業では、何歳で定年扱いされるのか調査しました。

  1. 本人の希望があれば65歳まで労働可能
  2. 長く働けない?40代以降も務め続けるのは難しい
  3. 50代でリストラされる可能性も!
  4. 定年=キャリアのゴールではない
  5. 例)アクセンチュアの定年は?退職金はいくら?

本人の希望があれば65歳まで労働可能

外資系企業でも、本人の希望があれば日系企業と同様に65歳まで労働可能です。

いくら海外に資本があるとしても、日本国内に支社がある限り、日本の法律を遵守しなければならないためです。

日本の法律では、還暦を過ぎても働きたいと考えている人は65歳まで雇わねばならないと定められています。

ちなみにアメリカやイギリスなどの国では定年の概念がありません。

また、日本の労働法で定められているとはいえ、人材を採用するか否かの決定権は会社にあるので注意が必要です。

関連記事

「外資系への転職って年齢制限があるの?」「外資系の年代ごとの転職ポイントって?」「外資系転職に適切なタイミングっていつ?」こんな悩みを抱えてはいませんか?この記事では、外資系転職の年齢制限に解説しています。[…]

外資系転職に年齢制限はない!35歳以降など年齢別のポイントも解説

長く働けない?40代以降も務め続けるのは難しい

外資系企業で定年まで働くためには、仕事で高く評価される必要があります。

一般的には、余程のエリートでない限り、外資系企業で40代以降も務め続けるのは難しいと考えられています。

なぜなら、外資系企業は完全実力主義だからです。

日系企業に散見される年功序列や終身雇用制度は採用されていません。

そのため年齢を問わず会社にとって利益のない人材だと判断されれば、退職勧奨されるリスクがあります。

関連記事

「外資系企業への転職を考えているけれど、難しいって本当?」「外資系企業への転職で失敗しないためのポイントは?」「未経験でも外資系企業への転職は可能?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、外資系企業への[…]

50代でリストラされる可能性も!

外資系企業には終身雇用の概念がないため、50代でリストラされる可能性もあります。

外国では定年まで一社一筋で勤め上げる労働者は多くありません。

また、企業の役員選びの方法も日系企業とは異なることも理由の一つです。

日本では長く務めたシニア社員が役員に就くこともしばしばあります。

しかし外資系企業では、必要なポジションはその都度外部から取り込むのが一般的です。

年功序列、内部昇格、終身雇用の3つの概念がない外資系企業において、成果の伴わない50代社員がリストラされるのは必然的だと言えるでしょう。

関連記事

「中高年でも外資系企業に転職できる?」「中高年で外資系に転職するのは難しい?」「中高年で外資系に転職するためのコツは?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、中高年で外資系企業に転職する際のコツや必要な[…]

外資系の転職は中高年でもできる?老後についても解説
関連記事

「外資系企業に転職してもすぐリストラされるって本当?」「外資系転職ではどうしてリストラされるの?」「外資系企業に転職した後にリストラされたらどうすればいいの?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、外資[…]

外資系企業への転職でリストラはある?

定年=キャリアのゴールではない

外国の日本の仕事に対する考え方の根本的な違いとして「定年=キャリアのゴールではない」という考え方があります。

日本では、転職回数が少なく、一つの企業に長く勤め貢献することが評価されます。

そのため人材の流動性が悪く、一つの会社にベテラン社員が残り続けます。

しかし海外では、自身のキャリアアップのためにどんどん転職することが当たり前です。

20代30代の若手はもちろん、シニア世代ですら転職に意欲的な人が多いのが特徴です。

そのため、外資系企業で働く場合は、常にキャリアアップと転職について考えておくのが良いと言えるでしょう。

例)アクセンチュアの定年は?退職金はいくら?

アイルランドまたはアメリカ合衆国に本拠地を置くコンサルティング会社アクセンチュアの定年は65歳です。

退職金は、毎年社員の給与のうち5%です。

年俸1,000万円の社員は、1年当たり50万円分の退職金を受け取ることが可能です。

アクセンチュアでは、50代で転職して入社した社員もいます。

そのため、シニア世代が力を発揮する場所としても人気の企業です。

関連記事

「外資系企業では退職金が貰えないって本当?」「退職金が貰えないなら外資系で働くのは損じゃない?」「どうして外資系企業には退職金制度がないの?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、外資系企業の退職金制度[…]

外資系企業は退職金がもらえないって本当?相場も解説

日系企業と外資系企業の定年に対する意識は真逆

外資系企業に終身雇用や年功序列の考え方がない根本的な理由は、そもそも日本とは定年に対する考え方が真逆だからです。

日系企業と外資系企業の定年に対する意識の差について解説します。

  1. 日系企業は年功序列で生涯雇用が当たり前
  2. 外資系企業は人材の流動性が高く実力主義
  3. 外資系では転職しないことがリスク
  4. 退職金が貰えないこともあるので老後が不安

日系企業は年功序列で生涯雇用が当たり前

日系企業には、年功序列の制度があります。

年功序列とは勤続5年目の27歳の社員よりも勤続20年目の50歳社員のほうが偉いということです。

また、会社=家族という考え方もあり、生涯に渡って1つの会社に貢献することが良しとされています。

その分退職金の額は多く、老後資金の目当てしている人も多いのが現状です。

また、生涯雇用の考え方があるため転職回数の多い人は面接で不利になるというデメリットがあります。

これにより自分に合う仕事や本来望む理想のキャリアを見つける機会を失いやすく、風通しの悪い企業が生まれやすいことが難点です。

外資系企業は人材の流動性が高く実力主義

外資系企業は、社員の入れ替わりが激しく、転職が悪いことだと見なされていません。

そのため会社で評価されるのは勤続年数や年齢ではなく、成果が出せたかどうかのみです。

完全実力主義のため、若手社員でもベテランを凌ぐ活躍機会を得やすい点がメリットです。

その分40代・50代になっても入社と退社を繰り返さなければならないという不安があります。

スキル磨きをしないままシニア世代になると、次第に雇ってもらえる会社が少なくなる点はデメリットです。

外資系では転職しないことがリスク

外資系企業では、転職しないことはむしろリスクだと考えられています。

なぜなら退職金が出るわけでもなく、勤続年数や年齢でボーナスが爆発的に増えることはないためです。

そのため一つの会社に拘るよりも、自分のやりたい仕事を探したり、より条件のよい企業を探したりする方が良いとされています。

会社はあくまでも自分のスキルを磨き、キャリアを形成するための場所でしかないことを念頭に置くと良いでしょう。

関連記事

「外資系転職ってリスクが高いのは本当?」「外資系に転職しようとしたら高リスクだからやめとけって言われた」「外資系の転職でリスクを減らすための方法は?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、外資系企業に転[…]

外資系転職のリスクとは?失敗した人のブログも参考にしよう!

退職金が貰えないこともあるので老後が不安

外資系企業は生涯雇用を前提としていないため、当然退職金の制度も日本より充実していません。

長く務めたところで退職金が貰えない可能性が高いため、老後資金に不安を生じやすい傾向にあります。

外国の労働者は、老後資金の形成のために資産運用をする場合が多いです。

外資系企業への転職を考えている人は自らのマネーリテラシーも上げ、株式等の投資を利用することが大切です。

外資系企業で定年まで働くのはなぜ難しいのか?

外資系企業には日系企業のような終身雇用制度はありません。

しかし日本の労働法に縛られている以上、希望する社員を65歳まで雇う必要があります。

それでは何故外資系企業で定年まで働くのが難しいと言われるのか、その理由を4つ解説します。

  1. 完全成果主義だから
  2. シニア世代は体力で20代に負けるから
  3. 職種自体のニーズも変化するから
  4. スキル・実績不足でマネジメントに上がれないから

完全成果主義だから

外資系企業で定年まで働けないのは、単純に完全実力主義だからです。

外資系企業で評価されるためには、与えられた業務をこなし、成果を上げ続ける必要があります。

成果の出せない社員は企業に利益をもたらさないため、簡単にリストラされてしまいます。

若手社員の内にスキルを磨けなかったシニア世代には、座り続ける座席が用意されないのです。

シニア世代は体力で20代に負けるから

完全実力主義・完全成果主義の会社では、とにかく成果を出すことが求められます。

そのためには時間内にキビキビと頭や体を動かし続ける必要があります。

しかし体力や集中力、行動の機敏さや集中力は、年齢と共に衰えていきます。

例え体力が落ちたとしても、若手社員と同等に仕事をこなさなければならないのが外資系企業です。

単純に20代30代の方が、例え多忙であっても体力的に融通が利くため、成果を出しやすいという理由があります。

職種自体のニーズも変化するから

「今ある仕事の内50%がAIや機械で代替され、働き手が不要になる」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。

それと同じで、職種自体のニーズがなくなる可能性もあります。

20歳の頃は需要のあった仕事でも50歳になる頃には斜陽産業となり、支店ごと撤退したり、部門ごとリストラされたりするケースがないとは言い切れません。

スキル・実績不足でマネジメントに上がれないから

外資系企業でシニア世代に求められるのは、役員やマネージャーとしてのポジションです。

若手の頃に十分なスキルを磨かずに年を取ったシニア社員は、当然マネジメントに上がる実力がないと見なされるでしょう。

マネジメントに上がれなければプレイヤーとして働けばよいと思うかもしれませんが、そう簡単な話ではありません。

実際に外資系企業の求人を見てみると、40代以上向けの求人は役員クラスのポジション募集が多い傾向にあります。

海外では50歳を超えたらどう働いているの?

海外に資本を置く外資系企業が完全実力主義ならば、当然外国人はその状況で仕事をしています。

そこで、海外における50歳以上の労働者の働き方や実態について調査しました。

  1. ポテンシャルでは採用されない
  2. 豊富な経験を生かせる仕事を探す
  3. 起業するシニアも多数
  4. パートタイムに転職する人もいる

ポテンシャルでは採用されない

海外でも50歳を過ぎると、20代のように「この社員は働いてくれそうだ」とポテンシャルを見て採用されることはありません。

20年、30年と働いてきた経歴があるため、その実績やスキルセットを見て判断されるのは当然のことです。

優秀な人材であれば、転職も容易です。

しかし、やはり若い時代に遊んでばかりいたシニアは、転職に難航する模様です。

豊富な経験を生かせる仕事を探す

海外の50歳が転職で意識することは、20年30年かけて培った経験を生かせる仕事かどうかです。

基本的には、新しい業界や業種に挑戦する人はあまり多くありません。

キャリアの模索はまだ若手とされる20代の内に済ませ、年を取るにつれてスキル磨きを意識し始めるのが多数派です。

その集大成と言えるのが、40代50代の役員ポジションでの転職なのです。

起業するシニアも多数

今までの経験を生かし、自ら起業するシニアも多数います。

個人事業主として仕事を取ったり、若手を雇って事業をしたりするケースも多くあります。

また、次世代の働き手に自身のスキルを伝授するためのセミナーを開催したり、趣味を武器に教室を開いたりするなどしてセカンドキャリアを始める人もいます。

パートタイムに転職する人もいる

フルタイムの社員からパートタイムに転向する人も少なからずいます。

若い頃よりも仕事を抑え、プライベートの時間を大切にしたり、より少ない体力で働ける業界に転職したりするケースも少なくありません。

外資系企業の転職は何歳まで可能?

外資系企業への転職は何歳まで可能なのか、解説します。

  1. 40代までは年齢を気にする必要なし
  2. 40代は管理職やマネジメントが増える
  3. 50代は難しい!引き合いや推薦ならチャンスあり
  4. 外資系転職には転職エージェントの利用がおすすめ

40代までは年齢を気にする必要なし

外資系企業では、40代までは年齢を気にして転職活動する必要はありません。

なぜなら転職は当たり前の風潮なため、転職回数や年齢を深く考慮されるリスクがないためです。

日系企業には「転職可能年齢35歳まで説」がある分、40代以降の転職は外資にチャンスが多いと言えるでしょう。

自分の年齢に限界を感じることなく、どんどん転職にチャレンジしましょう。

関連記事

「40代で外資系企業への転職ってできる?」「外資系企業ならではの特徴やリスクってあるの?」「外資系企業は40代にどんなスキルや経験を求めている?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、40代で外資系企業[…]

40代の外資系企業への転職を成功させる方法!必要なスキルやポイントなど詳しく解説

40代は管理職やマネジメントが増える

40代頃になると、管理職やマネジメントとしての採用が増えます。

なぜなら、外資系企業ではマネージャーなどの重要なポジションを内部昇格で補うケースが少ないためです。

多くの企業で役員を外部から取り入れるので、マネジメント経験があると転職を有利に進められるでしょう。

50代は難しい!引き合いや推薦ならチャンスあり

50代ともなると、転職の難度は上がります。

履歴書を送付して面接を行う方法では、受からないケースが多いかもしれません。

労働者のスキルや実績を客観的に評価し推薦してくれる人がいると、転職が有利になります。

推薦や引き抜きのチャンスがあれば、ぜひ話を聞くようにしましょう。

外資系転職には転職エージェントの利用がおすすめ

外資系企業に転職する場合は、転職エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら転職エージェントには、外資系転職に関するノウハウがあるためです。

また、完全実力主義の外資系企業は、求人を一般公開していないケースも多々あります。

企業に見合う実力を持っている人だけにオファーされる非公開求人も多いので、利用しない手はありません。

おすすめの転職エージェント紹介

転職サイト及び転職エージェントの登録は、2~3社の登録が一般的です。紹介しているのは、すべて無料で登録できるので、複数に登録することをおすすめしています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
・転職支援実績No.1の最大手エージェント
・電話・WEBで面談OK
・年収UPを実現したいならリクルート


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「リクルートエージェント」は、外資系の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、外資系業界を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての外資系転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 外資系就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

ビズリーチ

ビズリーチ
・登録しているだけでスカウトが来て転職が可能
・4,000件以上の厳選された外資系求人
・リモートワークの求人も保有


ハイクラスや外資系企業への転職なら「ビズリーチ」と言われているほど、外資系の転職に取ってきおきな転職サイト。

登録するだけで大手企業から直接スカウトが届くので、待っているだけで転職することができます。

あなたの市場価値を測るために使用するのもおすすめです。

\ スカウトを待って転職「ビズリーチ」 /

いますぐ無料登録する!

リクルートダイレクトスカウト

directscout
・転職決定年収が平均950万円以上
・年収800万〜2,000万円以上の求人多数
・登録後はスカウトを待つだけ


リクルートが運営するハイクラス求人に特化した「リクルートダイレクトスカウト」。

登録することで、あなたの匿名レジュメを拝見したヘッドハンターや大手企業からスカウトを受け取ることができます。

リクルートダイレクトスカウトの仕組みサービスに無料で登録するだけで、300社、3,000名以上のヘッドハンターがあなたの代わりに仕事を探してくれて、スカウトしてくれるので、登録だけでもしておきましょう。

\ 登録してスカウトを待つだけ /

いますぐ無料登録する!

JACリクルートメント

JACリクルートメント
・ハイクラス・ミドルクラスの転職4年連続No.1
・管理職や専門職の転職にも支持が強い
・外資系企業、海外進出企業の求人が多数


ハイクラスやミドルクラスの転職において4年連続でNo.1に輝いている「JACリクルートメント」は、年収UPにもおすすめの転職エージェントです。

仕事が忙しくて面談に行けない人でも電話での面談が可能で、24時間以内に返信をすることを原則としているほど質の高いコンサルタントが在籍。

英文の履歴書や職務経歴書の添削、英語での面接対策も無料でサポートしてくれます。

\ 年収600万円以上なら「JAC」 /

いますぐ無料登録する!

エンワールド

エンワールド
・外資系の非正規雇用の求人もあり
・海外勤務を希望している転職におすすめ
・英語がビジネススキルあれば優良求人を紹介してもらえる


外資系及び日系企業のグローバルな転職に強い「エンワールド」。

他の転職エージェントのように転職を急かされるということはなく、希望に沿ったサポートを寄り添って行ってくれると評判が高い。

無料でWEB面談も可能なので、気軽に登録してみましょう。

\ スカウトを待って転職「エンワールド」 /

いますぐ無料登録する!

外資系企業で定年まで生き残るための20代から意識すること

外資系企業で定年まで生き残るためには、20代の内からコツコツとキャリアや実績を積み上げることが大切です。

次の6つのポイントを意識することで、定年まで会社に必要とされる人材になれるでしょう。

  1. 30代までに自分の仕事でスペシャリストになること
  2. マネジメント業務への転向すること
  3. 交渉術や英語力を磨くこと
  4. スキルアップすること
  5. 資格を取得すること
  6. 体力づくりをすること

30代までに自分の仕事でスペシャリストになること

20代の内に自身の適性や将来の夢を見つけ、30代までに自分の仕事でスペシャリストになりましょう。

外資系企業では、年齢が高くなればなるほどポテンシャルで採用されづらくなります。

客観的に見た実績やスキルセットで採用するか否か判断されます。

早い内からスペシャリストとして成果を上げれば、その分優れた人材であることをアピールできます。

マネジメント業務への転向すること

ある程度自分の仕事の専門性を高めたら、マネジメント業務へ転向することをおすすめします。

なぜなら、外資系企業では年齢が上がれば上がるほど、役員クラスやマネージャークラスとしての採用が多くなるためです。

外資系企業では、役員等の重要なポジションを外部から雇うことが多くあります。

マネジメント経験を積むことは、その転職チャンスを逃さないことを意味します。

交渉術や英語力を磨くこと

交渉術や英語力を磨くことも、定年まで生き残るために大切です。

特に英語力は、数か月や数年程度の努力では身に付きません。

そのため20代の内から英会話教室を利用したり、TOEICを受けたりするなどして地道に経験値を積むことが大切です。

最終的にTOEIC換算で900点レベルの英語力を身に付ければ、国籍豊かな部下とも円滑なコミュニケーションが取れるでしょう。

部下をまとめるスキルに長けているマネージャーになれば、外資系企業で長く働けます。

スキルアップすること

常にスキルアップを意識することも、外資系企業で定年まで活躍するために大切です。

必要なスキルアップは、自分の職種や業界に留まりません。

ロジカルシンキングやアンガーマネジメント、傾聴力や共感力など、人としてのスキルを磨くことも大切です。

近年では自己研鑽に関する書籍や解説動画が充実しているので、休日や退勤後の時間を有効活用してスキルを磨きましょう。

資格を取得すること

自分の業務に関する資格を取得することも、定年まで活躍するコツです。

例えば秘書ならば、国際秘書検定やビジネス実務マナー検定などの資格を取ると良いでしょう。

ビジネスマンであればMBAなどの資格を取るのもおすすめです。

資格は自身の実力を客観的に証明してくれるので、書類選考では大きな力を発揮します。

体力づくりをすること

意外にも大切なのは、体力づくりに励むことです。

外資系企業で長く働くためには、次々入社してくる若手社員と同等かそれ以上の成果を上げ続けなければなりません。

しかし、無慈悲にも加齢と共に体力は落ちていくものです。

若いうちから運動習慣を身に付け体力を磨くことで、50代になっても若手時代と変わらぬパフォーマンスを発揮できるでしょう。

まとめ|外資系企業の定年は65歳!生き残るためには20代からキャリア形成しよう

外資系企業の定年は日系企業と同じ65歳です。

日本の労働法下にある以上、海外に資本を置く外資系企業であっても、希望する社員を65歳まで雇う必要があります。

とはいえ外資系には、日系と異なり終身雇用制度や年功序列の考え方がないため、成果を出せなければ契約更新される可能性は低いことを意識しなければなりません。

また、外資系企業では「定年=ゴール」ではなく「転職しないこと=リスク」だと考える風習があります。

そのため40代50代でも転職チャンスに恵まれていることが特徴です。

定年まで働くためには、20代の内から実績やスキルを磨き、自身の人材としての価値を高めることを意識すると良いでしょう。

市場価値を高めるための転職や、40代から始める外資系転職には「リクルートエージェント」や「ロバートウォルターズ」などの利用がおすすめです。

転職ノウハウのあるエージェントを活用して、効率よく転職活動を進めましょう。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録