海外駐在は年齢で役割が変わる!選ばれる人はエリートである会社も

海外駐在を考える人の中には

海外駐在の年齢ごとの役割って何?

海外赴任を命じられる人はやっぱりエリートなの?

海外赴任の前兆や準備の方法は?

こんな疑問をお持ちの人もいるでしょう。

この記事では、海外駐在の年齢ごとの役割の違いや選ばれる人の特徴などを詳しく解説しています。

一読することで海外駐在の年齢ごとの期待される役割について理解し、選ばれるための方法も実践できるようになるでしょう。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

海外駐在の年齢ごとの役割

海外駐在は年齢によって求められる役割が異なります。

それぞれの役割に合わせて赴任先で経験を活かすことが大切です。

それでは、海外駐在の年齢ごとの役割について解説します。

20代はチームメンバーや研修目的

20代はチームメンバーや研修目的で駐在員として派遣されます。

なぜなら、会社はグローバル人材としての成長を期待しているためです。

例えば、研修生として海外に派遣される場合、通常の海外赴任とは待遇に差が生まれる場合もあります。

しかし、研修経験を通して海外での仕事を学び、大きく成長できるチャンスと言えます。

20代の駐在員は会社にとっての人材投資であり、赴任先では結果を出すための努力が必要です。

20代後半から30代前半はチームリーダー

20代後半から30代前半はチームリーダーとして海外に派遣されます。

なぜなら、フットワークの軽い年齢はプレーヤーとしての役割をこなしながらマネジメント能力も同時に培っていくためです。

例えば、チームリーダーになると自分の仕事だけで完結するのではなく、他のメンバーの進歩状況を見て管理、指導する必要があります。

20代後半から30代前半の駐在員はチームリーダーとしてマネジメント能力を高めていくことが大切です。

30代や40代は管理職

30代や40代の駐在員は管理職として活躍します。

なぜなら、日本で培った経験を元に、現地で働く人々のマネジメントを任されるためです。

例えば、自分の足を動かす仕事は可能な限り減らし、部下に現場を任せることで、管理の仕事に注力します。

したがって、管理職の仕事はアドバイスや決断、責任を持つことに集中でき、プロジェクトやチーム全体の業績を上げられるでしょう。

30代や40代の駐在員は赴任先で管理職として活躍し、企業に貢献することが期待されています。

海外駐在に50代で行く人は現地社長などもありえる

海外駐在に50代でいく人は現地社長になることもありえます。

これは、50代が持っている経験やノウハウを現地法人の運営に活かせるためです。

例えば、海外赴任して現地社長になる場合、財務や人事、設備管理が主な仕事となり、各部署や本部との打ち合わせを行います。

責任は大きく、多忙になる可能性は高いですが、50代でも海外でやりがいを持って働けるでしょう。

海外駐在は会社によってはエリートの証!

社員を海外赴任させるには企業にとって莫大なコストがかかり、一昔前は海外駐在と言えばエリートと認識されていました。

現在でもその風潮は残っていますが、会社によってはエリートの証である場合とそうでない場合も増えています。

そこで、企業や派遣先による海外駐在の認識の違いについて解説します。

海外赴任に選ばれる人で中国やアメリカに行く人はエース級人材

海外赴任に選ばれ、中国やアメリカに派遣される人はエース級人材と言えます。

なぜなら、中国やアメリカが大事なマーケットになっている企業では優秀な人材を現地に派遣するためです。

例えば、中国語や英語が堪能で、業績が高く、管理能力に長けていると、会社は安心して中国やアメリカのマーケットを任せらます。

また、会社は中国やアメリカの駐在員が現地の売上を拡大し、会社にメリットをもたらしてくれることを期待しているでしょう。

日本企業にとって重要な中国やアメリカ拠点にはエース級人材が派遣されることが多いと言えます。

古風な会社は好待遇が期待できる

古風な会社では好待遇が期待できます。

なぜなら、昔は海外駐在員になれるグローバル人材が少なく、選ばれた人しか駐在員になれなかったためです。

例えば、駐在員が受けられる待遇として、税金を会社が負担したり、海外赴任手当や住宅補助などの福利厚生を充実させたり、さまざまな恩恵が受けられます。

古風な会社は未だ海外赴任に大きなコストをかけており、グローバル人材を手厚く好待遇で派遣しています。

ベンチャー企業などは普通に海外駐在が言い渡されることも

ベンチャー企業などは普通に海外駐在が言い渡されることもあります。

これは、ベンチャー企業に若い社員が多く、海外進出に意欲的な企業も多いためです。

例えば、20代でも海外赴任を希望すれば、海外拠点のスタートアップを任される場合もあります。

30代や40代の層が薄いベンチャー企業では若いうちから海外駐在のチャンスを掴める可能性も高いでしょう。

海外駐在のある会社に転職するには企業研究が必須

海外駐在のある会社に転職したい場合、企業研究は非常に重要です。

企業研究を元に、海外拠点や海外マーケットが多い企業を狙うと海外へ転勤できる可能性が高まります。

それでは、海外駐在のある会社に転職したいときの企業研究について解説します。

海外拠点のある企業に入ることが必要

海外駐在を目指すなら、海外拠点のある企業に入ることが必要です。

なぜなら、すでに海外展開している企業なら、派遣されている日本人もたくさんおり、海外にもポジションが多いためです。

例えば、日本企業ではJETROが最も海外駐在者が多く、社員の約40%が海外赴任しています。

少しでも海外駐在員になる可能性を上げるためにも、海外拠点のある企業に入ることが必要です。

海外売上がメインのメーカーは海外駐在できる可能性が高い

海外売上がメインのメーカーは海外駐在できる可能性が高いと言えます。

なぜなら、メーカーでは海外工場の生産管理のために駐在員が海外に派遣される場合が多いためです。

例えば、特に技術者の海外赴任が多く、現地工場の管理や指導を任されます。

海外売上が多いメーカーなら現地で活躍できるポジションも多く、海外駐在できる可能性が高まるでしょう。

企業研究をしっかり行うなら転職エージェントがおすすめ

企業研究をしっかり行うなら転職エージェントに登録、相談することがオススメです。

なぜなら、転職エージェントならあなたの希望やキャリアに合わせて就職先企業を紹介してもらえるためです。

例えば、働きたい国や地域、業種に絞って企業研究しても、自力では駐在員の情報が十分に得られない場合もあります。

しかし、転職エージェントなら、現地情報や過去の内定者の経験を元に、海外駐在のある企業を紹介してもらえるでしょう。

WEB上で見つかる情報には限りがあるので、企業研究なら経験や情報が豊富な転職エージェントに頼ることがおすすめと言えます。

海外駐在できる企業への転職におすすめの転職エージェント

海外駐在できる企業への転職を考えるとき、転職エージェントの利用を検討する方もいるでしょう。

各転職エージェントは得意な分野があるので、あなたの希望に沿った海外駐在求人をたくさん保持しているところに登録することがおすすめです。

そこで、海外転職できる企業への転職におすすめの転職エージェントについて解説します。

リクルートエージェント


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年10月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2021年10月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

いますぐ無料登録する!

JACリクルートメント


JACリクルートメント
・海外進出関連企業の管理職、エグゼクティブ人材
・東南アジアで日系No.1の人材紹介会社
・グローバル人材紹介のプロ集団がいる


JACリクルートメント」は、エグゼクティブ人材の正社員紹介に特化している人材紹介サービスです。

日本国内にも多数拠点があり、キャリアなどの相談をすると一括で世界の各拠点へつなぎ仕事を紹介する仕組みになっています。

それから、利用者の満足度が94.5%と高く、24時間以内の返信など対応の丁寧さと情報の質の高さが理由といえるでしょう。

さらに、求職者1人に対して複数のキャリアコンサルタントから求人の紹介をするシステムがあるので、ぜひ利用することをオススメします。

\ 外資系求人が最大級 /

いますぐ無料登録する!

海外赴任の辞令は突然来る!前兆を知り準備しておくのがおすすめ

普段から海外駐在を希望し、実績を上げていると突然辞令が来る場合があります。

前兆を知って、入念に準備を進めておくことが大切です。

そこで、海外赴任の前兆と準備について解説します。

海外赴任の前兆は現地で生活できるかなど話題を振られる

現地で生活できるかなどの話題を振られると、海外赴任を言い渡される前兆の可能性があります。

なぜなら、企業にとって海外駐在員にかけるコストは大きく、慎重に人員を配置するためです。

例えば、海外プロジェクトに関わっている場合、現地人材との関係や生活に順応できそうか聞かれることがあります。

また、家族がいる場合は、家族の健康状態や子供の進学についても聞かれるでしょう。

海外赴任の前兆を見極め、会社が期待する適切な対応をすることで、海外赴任の可能性を高められるでしょう。

海外赴任に家族が帯同するか話し合っておく

海外赴任に家族が帯同するかも話し合っておく必要があります。

なぜなら、海外赴任は国内転勤とは違い、家族のあり方や子供の将来に大きく関わるためです。

例えば、家族が帯同する場合は、赴任先での子供の教育について調査し、現地の学校に慣れるよう導いてあげることが必要でしょう。

対して、家族が帯同しない場合、残る家族が日本国内で安心して生活できるかも相談することがおすすめです。

海外赴任に家族が帯同するかを徹底的に検討、相談を重ねることが大切です。

海外赴任先に合わせた語学力を付けておく

海外赴任が言い渡される前から現地に合わせた語学力は身につけておきましょう

なぜなら、語学力があれば赴任先で円滑なコミュニケーションを取れ、仕事が進めやすくなるためです。

例えば、英語圏であれば、ネイティブの発音を聞き取れ、反応できるビジネスレベル程度の英語力は必要です。

英語圏以外でも簡単な現地語や現地アクセントの英語が理解できると良いでしょう。

赴任後仕事をしながら語学力は上げられますが、やはり赴任前から可能な限り語学力を身に付けておくことが大切です。

海外赴任先のインフラ事情や日本との違いを調べておく

海外赴任先のインフラ事情や日本との違いは調べておきましょう。

なぜなら、現地生活を整え、異国で感じるストレスを最小限に抑えると赴任先での仕事に集中できるためです。

例えば、中国に駐在するならインフラ関係は安定していますが、ミャンマーやメキシコでは電力が足りず、停電がよく起こります。

また、日本とは違い水道水が飲めない国も多いので、事前に確認しておきましょう。

赴任先の情報を事前に収集し、不便やカルチャーショックに備えることも重要と言えます。

まとめ|海外駐在は年齢ごとに役割がある!準備してから赴任しよう

海外駐在は年齢ごとに役割があります。

海外駐在員になった際には、それぞれの役割に合わせてキャリアを積むことが大切です。

また、海外赴任は国内転勤よりも自分や家族にとって変化が大きいので、入念に準備してから赴任してください。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録