ヨーロッパで就職する方法5選とやるべきことやおすすめの国を紹介!

ヨーロッパ就職を考えたとき、

ヨーロッパで就職する方法は?

この記事では、そんな悩みを抱えているヨーロッパ就職希望者に向けて、就職する方法ややるべきことなど解説します。

最後まで読むことで、ヨーロッパ就職までのステップが理解できるでしょう。

リクルートエージェント

海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。

リクルートエージェントの求人数
海外への就職を考えてるなら「リクルートエージェント」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

無料で登録する

おすすめの海外就職エージェント

ヨーロッパ就職する方法5選

海外を視野に入れて就職を考えたとき、芸術性に優れ、歴史や伝統など様々な魅力があるヨーロッパで働きたいという方も多いのではないでしょうか。

もっとも、アメリカでの就職事情と違い、ヨーロッパでの就職事情はなかなか耳に入ってこないのが現状かもしれません。

また一口にヨーロッパといっても、国ごとの就労システムは大きく異なります。このため、どのような手順を踏めばヨーロッパで就職できるのかよく分からず、ヨーロッパでの就職や転職を泣く泣く諦めてしまう場合もあるかもしれません。

ここでは、そんな方々に知ってほしい、ヨーロッパで就職するための5つの方法をご紹介します。ヨーロッパでの就職や転職を検討する際に、参考にしてみてください。

現地の言語を学ぶ

ヨーロッパで就職するためには、現地の言語を学ぶことがとても重要です。

英語を習得しておく必要はもちろんありますが、現地で就職するためには現地の言葉に堪能である方が有利です。例えばクライアント企業の対応でも、現地の言葉を話せた方が交渉ごとなどの仕事もスムーズに進み、クライアントの信頼を得やすいといえます。

同僚とのコミュニケーションも、現地の言葉を使うことで相手に親近感がわき、職場にも溶け込みやすくなるのでしょう。

また、国によっては英語が通じない場合もあります。この場合、現地の言葉に堪能であることは、現地で就職するための大前提となります。

また、その国の生活に馴染み、文化や社会的背景を理解するためにも、現地の言葉の習得はとても重要です。

このため、現地の言葉を習得しておくことは、ヨーロッパで就職するために取り組むべき最初のポイントといえます。

特にスペイン語やドイツ語などの比較的メジャーな言語であれば、学習教材も充実しており、習得するための環境は整っているので事前に学んでおきましょう。

海外大学に留学する

また、ヨーロッパの大学院やビジネススクールに留学し、そのまま現地で就職する方法もあります。

現地での人脈づくりに役立つほか、大学院によって、卒業後、一定期間有効な就労ビザを自動的に取得できるパターンもあります。

特に理系の研究職であれば、大学院に留学後、就労ビザを使って、そのまま研究者として現地の研究センターなどに就職できるケースがあります。

また現地の大学院やビジネススクールを卒業していれば、現地の企業からの信用度も上がり、現地で就職する際に評価される一つの要素となるのででしょう。

また現地で役立つ特定の知識やスキルを身につけるため、現地の大学などに専門留学をすることも考えられます。

例えば、マーケティングやデザイン、会計などの専門分野の知識やスキルを現地で身につけることで、現地での就職にプラスとなる場合があります。

なお、語学留学は高い人気がありますが、語学留学で得られたスキルのみではヨーロッパでの就職に十分ではない場合が多いといえます。

ヨーロッパ企業は即戦力を求めているため、語学力に加え、現地で評価される実践的なスキルを学んでおくことが重要です。

日本にある支社で働いてからヨーロッパへ転勤

ヨーロッパに本社がある会社の日本支社で働き、そこからヨーロッパへの転勤を目指すことも、ヨーロッパで働く方法として考えられます。

日本支社で働く場合、まずヨーロッパへの転勤の可能性があるポジションに就いていることが大前提です。このため、就職の際に徹底的に企業リサーチをする必要があります。

また例え転勤の可能性があるポジションに就けた場合でも、転勤が実際にできるかは、運とタイミングに左右される場合が少なくありません。

その時点での景気や、その会社の業績・ビジネスプランなど、様々な要素が関わってくるためです。

このため、日頃から業績を上げ、情報収集に励み、社内外の人脈作りに力を入れるなど、積極的な態度で転勤のチャンスを掴み取ることが重要といえます。

ヨーロッパでも使える免許や資格を取る

現地でも使える免許や資格を取ることも、ヨーロッパで就職するための一つの方法です。

専門分野で活躍したい場合は、現地の国家資格を取ることが、現地で就職するための最初の一歩となります。

また民間の資格であれば、現地の団体や組織によって認定され、現地での認知度が高いものを選ぶことがとても重要です。

例えば不動産業を行いたい場合、現地で不動産業を行うための免許を取得する必要が出てきます。セラピストの資格も同様の例といえます。

また、国際的な資格がなくとも、日本国内の資格を取得しておくことで、ヨーロッパでの就職に役立つ場合があります。

国際的に共通の言語を使用する、ウェブデザイナーやプログラミングなどのIT系の仕事であれば、国内の資格(基本情報処理技術者、ウェブデザイン技能士、C言語プログラミング能力認定試験など)が、一定の知識と技術を保証するのに役立ちます。

また、経営マネジメントの学位(MBA)や貿易系の資格(貿易実務検定、国際取引業務検定など)、経理・総務系の資格(MOS、ビジネス会計検定、経理・財務スキル検定など)なども、特定の知識とスキルを裏づけることができると考えられます。

さらに、ヨーロッパで主に日本人を相手に仕事をする場合、日本国内の美容系の資格(美容師、ネイル検定、AEA認定エステティシャンなど)や保育士資格が役立ってきます。特に、日本の調理師免許は、ヨーロッパで日本食レストランを開きたい場合に重要な強みになります。

専門的なスキルをつける

専門的なスキルを身につけることも、ヨーロッパで就職を実現するためにはとても重要です。

ヨーロッパの企業は一般的に即戦力を求めており、実務で役立つ専門的なスキルがなければ、現地での就職は難しくなります。

これに加え、先ほどご紹介した高い語学力も重要です。就職の際に、自分を採用することで就職先企業にもたらす価値やメリットを、企業側に説得的にアピールする必要があるからです。

このため、ヨーロッパに就職するためには前職での職務経験がある方が評価されやすく、就職に有利といえます。

ヨーロッパでは、新卒であってもインターンなどで一定の実務経験を得ている場合が多く、実務経験のない新卒採用のある日本とは企業の採用基準が異なっているのです。

このため、志望する業界や職種に役立つ専門的なスキルを身につけておくことが重要になってくるのです。専門スキルを面接官に積極的にアピールできれば、即戦力としてヨーロッパの企業に採用される可能性が高くなるといえます。

ヨーロッパ求人にはどんな職種がある?

ヨーロッパは、国によっては失業率が高く、求人数も少ない場合があります。

ヨーロッパでの就職を成功させるためには、希望する国の求人状況について事前にきちんと調査し把握しておくことが重要です。

ヨーロッパでの求人の特徴・職種についてご紹介します。

観光地が多いためサービス業が多い

まず、ヨーロッパの大きな特徴として、観光地がとても多く、観光業が主要ビジネスであることが挙げられます。

このため、求人の職種も、飲食や販売などのサービス業がとても多いという特徴があります。特に観光地として名高いパリやロンドンでこの傾向が強く、一年を通じて大量の観光客に恵まれることから、サービス業への高い需要が存在します。

このため、観光が主な産業である国であれば、特にサービス業の分野で求人を見つけられるでしょう。

さらに、サービス業は、専門的な知識やスキルを必要としない場合がほとんどとされています。このため、熱意があれば、日本人であっても、サービス業に就職できる可能性があります。

製造業も盛ん

ヨーロッパでは、製造業が主要産業の一つである国も多く存在します。

このため、製造業も、国によっては求人が盛んな職種の一つです。

特に、製造業に力を入れているドイツやトルコでこの傾向が強く、多くの求人が出されています。特にドイツでは製造力が高い国際競争力を持ち、中小企業に至るまで海外に進出して優れた業績を収めています。

また、これらの製造業で活躍する企業には、日系企業と深い関連のある企業があることも知られています。このため、日系の製造業の会社での業務経験や、関連する専門スキルがある場合には、製造業の分野で就職できる可能性があります。

ヨーロッパ就職するためにやるべきこと

ここでは、ヨーロッパで就職を成功させるためにやるべきことについて、主に3つの点をご紹介します。

ビザの取得について調査

ヨーロッパに限らず、海外で就職するためには、原則として就労ビザの取得が必要になります。

就労ビザがなければ現地で働くことができず、もし働いた場合には不法就労というリスクを冒すことになります。

このようにとても重要な就労ビザですが、一般には、取得が難しいとされています。

例えば、就労ビザを企業がサポートする場合、現地の人を採用するのであればかからない時間と手間が生じます。

また就労ビザの取得に一定のスキルなどが要件となる場合もあるでしょう。このため、就職を希望する企業が就労ビザの取得をサポートできない場合もあります。

このような理由で、就労ビザが取得できずにヨーロッパでの就職を諦めなければならなかったというケースも実際に存在するのです。このため、就労ビザの取得手続きや企業サポートの有無、さらに取得にかかる費用・時間などについて、綿密なリサーチをしておくことがとても重要です。

短期間の滞在

また就職を希望する国に短期間滞在し、就職する前にその国の文化やライフスタイルを現実に体感することも重要です。

実際に現地に住んでみないとわからないことはたくさんあります。その国や都市の雰囲気、住環境、交通手段、物価などの住みやすさや安全性について理解しておくことは、ヨーロッパでの生活を成功させるために欠かせません。

めでたく就職を果たし、現地に移住してから、想像していた住環境と違うことに気づき、生活にストレスを抱える事態は避けるに越したことがありません。

事前に現地に短期間でも滞在することで、こうしたミスマッチを避けることができ、ストレスの少ない就職後の生活を手に得られるでしょう。

また、年齢(18歳以上で、申請時に31歳に達していない)やその他の条件を満たす場合、ワーキングホリデービザを取得することがこれに役立ちます。ワーキングホリデービザがあれば、現地に一定期間住むことができます。

また現地に住みつつ就職活動をすることができるため、日本から就職活動をするよりも身動きが取りやすく、就職に有利となります。

TOEIC900点以上をとる

英語についても高いレベルの習得が重要です。

その基準は国によって異なりますが、目安としては、TOEIC900点以上が一般に勧められています。

国や職種によっては仕事で英語を使用せずとも働けるケースもあるようですが、世界中で使用される言語であり、高い英語力が必須です。また国や職種によっては、英語の使用が必須であるケースも多くあります。

このため、ヨーロッパに渡る前に英語力を磨いておくことが、とても重要になります。

ヨーロッパで就労ビザを取りやすい国はどこ?

ヨーロッパでの就労ビザの取得は、必ずしも簡単ではありません。

国によっては、就労ビザを比較的取りやすいとされています。

では、ヨーロッパの中ではどの国が就労ビザを取りやすいのかを解説します。

ビザを取るならドイツがおすすめ!

就労ビザを比較的取りやすいヨーロッパの国としては、ドイツが挙げられます。

ドイツは多くの移民の受け入れ先として知られており、他のヨーロッパ諸国に比べて就労ビザを取得しやすい国です。

また就労ビザの中でも、特にフリーランスビザが取得しやすい国として知られています。このため、プログラマーやウェブデザイナーなど、若者を中心にフリーランスとしてドイツで日本人が働いているケースも多く見られます。

また、職人系の職業であれば、ドイツの職業学校で職業訓練を受け、スキルを身につけた上で就労ビザを取得する道も考えられます。

現地で職業訓練を受けることで、その先の就職につながりやすくなるでしょう。

また、年齢(18歳以上で、申請時に31歳に達していない)その他の条件を満たす場合は、ワーキングホリデービザを取得して、現地で就職活動をすることも一つの方法です。

ドイツに住む日本人は多く、日本人のコミュニティーや日本食スーパーも見つけやすいと一般にいわれています。

また時間厳守や勤勉性など日本社会と似た価値観を重視する傾向があるため、日本人が住みやすい国ともいえます。このため、就労ビザの取得を目指すなら、ドイツがおすすめといえます。

ヨーロッパ就職でおすすめの転職エージェント

リクルートエージェント


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年10月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

いますぐ無料登録する!

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2021年10月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

いますぐ無料登録する!

Samurai Jobs


Samurai Job
・グローバル、外資系、ハイクラスに特化
・海外駐在の海外就職からバイリンガルまで対応
・求人数が20,000件を超える

イギリスを拠点とした11か国で40年以上も日系企業の海外進出をサポートし続ける「Samurai Job(サムライジョブ)」は、海外案件に強い転職エージェントです。

年間約8万5,000人がSamurai Jobの転職サポートに登録し、コンサルタントを受けています。

そのため、今まで約43万人もの海外転職希望者をサポートをしてきた実績があり、非公開求人も多いのでまずは登録をしてコンサルタントと打ち合わせをすることが大切です。

コンサルタントが希望や目的にあった最適なポジションを見つけられるでしょう。

\ 駐在で働きたい人にオススメ /

いますぐ無料登録する!

JACリクルートメント


JACリクルートメント
・海外進出関連企業の管理職、エグゼクティブ人材
・東南アジアで日系No.1の人材紹介会社
・グローバル人材紹介のプロ集団がいる


JACリクルートメント」は、エグゼクティブ人材の正社員紹介に特化している人材紹介サービスです。

日本国内にも多数拠点があり、キャリアなどの相談をすると一括で世界の各拠点へつなぎ仕事を紹介する仕組みになっています。

それから、利用者の満足度が94.5%と高く、24時間以内の返信など対応の丁寧さと情報の質の高さが理由といえるでしょう。

さらに、求職者1人に対して複数のキャリアコンサルタントから求人の紹介をするシステムがあるので、ぜひ利用することをオススメします。

\ 外資系求人が最大級 /

いますぐ無料登録する!

doda


doda
・英語、中国語を活かせる仕事が豊富
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年9月)


doda」は、CMなどでも放映していることから知名度が急上昇している転職エージェントです。

転職エージェントですが、コンサルタントの力を借りることなく、自分で転職活動を進めたい方は、転職サイトとしても活用できます。

つまり、コンサルタントをつけるつけないなど選択をすることができる珍しい転職サービスです。

若い世代に人気で、年収査定を無料で行えるので、ぜひ試してみてください。

\ 知名度は抜群 /

いますぐ無料登録する!

ドイツと日本の就職制度の比較

ここでは、中々見えづらいドイツの就職制度の実情についてご紹介していきます。

選考時に給与交渉ができる

ドイツの就職制度の大きな特徴として、選考時に給与の交渉ができます。日本の就職面接では、既に確定した給与を採用条件の一つとして提示されることがほとんどです。

給与交渉の流れとしては、まず応募者側で希望する給与の額を伝え、会社がその額を検討し、双方で交渉のうえ最終の給与額を決定するのが一般的とされています。

ここで注意したいのが、希望する給与額を高めに設定してしまうと採用見送りとなってしまうケースが少なくないことです。特にドイツでの就労経験がない場合はこの傾向が強くなります。

このため、初めてのドイツでの就職であれば特に、自分のスキル・経験に見合った給与額を提示することが重要といえます。

1日10時間以上の労働が禁止されている

ドイツでは、法律により1日10時間以上の労働が禁止されています。

さらに、ドイツでは、労働者が労働契約書で合意した労働時間を超えて働くことは珍しく、平日は残業なしで帰宅することが珍しくありません。

このため、度重なる残業や長時間労働が珍しくない日本人にとっては、ドイツの労働環境は快適といえます。

またヨーロッパでは、一般に効率的に働くことが重視されています。週末や平日の夜を仕事に費やすのではなく、仕事以外のプライベートの時間を大切にする傾向があります。

できるだけ短い労働時間で効率的に仕事を終わらせ余暇を楽しむなど、ドイツの高い生産性はこうした働き方により実現していると考えられます。

30日前後の有給

さらに、ドイツでは年間30日前後の有給休暇がもらえることが一般的です。

有給の未消化は珍しく、一般には1年で有給休暇30日の全てを使い切ることが求められます。

さらに、有給休暇を祝日・休日と合わせることで、都市によっては数ヶ月の休暇を取れる場合もあります。

これは、有給休暇が少なく、そもそも社風や長年の慣行でその消化すら許されない雰囲気が強い日本の会社との大きな違いではないです。

労働時間の短さに加えこのような有給制度のあるドイツでは、仕事で燃え尽きることがないよう心身の健康を重視する傾向があります。

このため、ワークライフバランスが日本より達成しやすく、外国人として働くデメリットをメリットが上回ります。

労働時間を短くして効率性を上げるというドイツの働き方は、こうした点でとても魅力的なものといえます。

まとめ|スキルや言語を身につけてヨーロッパで就職しよう!

一見ハードルが高いと思われがちなヨーロッパでの就職ですが、その実例は少なくなく、ヨーロッパでの就職は不可能ではありません。

もっとも、ヨーロッパでの就職を成功させるためには、十分な事前準備が必要です。

この点、ヨーロッパでは国ごとに就職事情が異なることから、まずは希望する国の就職事情について徹底的にリサーチすることが重要です。

その際、就労ビザについてのリサーチがとても大切で、取得の可能性について入念に調査する必要があります。

また、ヨーロッパでの就職を実現するためには、英語・現地語の習得のほか、現地で役立つスキルや経験、資格などが重要になってきます。

現地で通用する語学力とスキルを磨くことで、ヨーロッパでの就職への道が開けてくるといえるでしょう。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録