ドバイの平均年収は?なぜ金持ちが多い?平均月収や職業も紹介

ドバイへの就職または移住を検討しようとしたとき、

「ドバイの平均年収はいくら?なぜ金持ちが多いの?」

「ドバイの生活水準や物価は?」

「ドバイで日本人は仕事している?」

この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、ドバイの平均年収や金持ちがいる理由、生活水準から物価、日本人が滞在しているのかまで解説していきます。

最後まで読むことで、ドバイの現地情報について深く知ることができるでしょう。

dodaの年収査定doda」ではたった3分であなたの過去の職歴などから無料で年収を査定してくれるツールを展開しています。自分の年収を把握してない方は無料登録後に年収査定を行ってみてくださいね!いますぐ無料年収査定!

ドバイの平均年収は?給料はいくら?

ドバイの平均年収

ドバイ就職や移住を考えるとき、まず気になるのは平均年収でしょう。

ドバイの平均年収は1,000万円を超え、日本の平均年収の2倍以上です。

それでは、ドバイの平均年収について解説します。

ドバイの平均年収は1,000万円を超える

ドバイの平均年収は驚くべきことに1,000万円を超えています。

なぜなら、ドバイに住むUAE人の平均年収が2,000万円以上と、国全体の平均年収を底上げしているためです。

UAEとは、アラブ首長国連邦のことで、ドバイやアブダビ、シャルジャなど7つの首長国から構成されています。

平均年収は高いですが、UAE人と非UAE人では大きな収入格差があります。

非UAE人の平均年収は約750万円、労働キャンプで生活する移民の平均年収は約82万円です。

労働キャンプとは、建築現場や警備員などの肉体労働をする外国人労働者が集まって住む場所です。

ドバイは平均年収の数字のみを参考にすると魅力的な国ですが、収入格差が大きく、外国人が得られる収入は限られていると言えます。

UAE人の平均世帯年収

UAE人の平均世帯年収は約2,600万円と高額です。

これは、公務員として働くUAE人がほとんどであり、ドバイの公務員になると高収入を得られるためです。

さらに、ドバイは「タックスヘブン」と呼ばれ、給料から天引きされる所得税や住民税がなく、給料がそのまま手取り額になります。

加えて、王族が得た石油収入を国民に還元する制度があり、給料に加えて、国の援助があるので個人の可処分所得が非常に多いのもドバイの特徴です。

このように、UAE人は自由に使えるお金が多く、裕福な生活をしている国民が多いと言えます。

非UAE人の平均世帯年収

非UAE人の平均世帯年収は約1,012万円と、UAE人の半分程度になっています。

これは、高収入を得られる公務員はUAE人にしかなれないことや、多くのUAE人が先代から続く企業経営を行い、高収入を得ていることが理由です。

つまり、ドバイ人口の約90%を占める非UAE人は高収入の職には付けません。

例えば、非UAE人は、肉体労働やドライバー業務、飲食業、セキュリティー業務などに就いています。

非UAE人の平均世帯年収はUAEよりも低く、高収入の職業に就職できないため、収入格差が広がっています。

ドバイの平均月収は83万円

ドバイの平均年収が1,000万円だとすれば、平均月収は約83万円と計算できます。

日本の平均月収が27万8400円なので、約3倍もドバイの方が多く稼いでいる人が多いという結果になります。

なぜ金持ちが多い?ドバイの平均年収が高い理由

なぜ金持ちが多い?ドバイの平均年収が高い理由

ドバイの平均年収は非常に高く、お金持ちの国というイメージを持っている人も多いでしょう。

そこで、ドバイの平均年収が高い理由について解説します。

ドバイで金持ちの職業は公務員

ドバイの公務員の平均年収は1,944万円であり、UAE人の大半が安定して高収入を得られる公務員として働いています。

ドバイの公務員の給料が高いのは、ドバイが所属するUAEという国が石油で稼いだ国の利益を国民の還元しているためです。

ドバイの公務員の種類は多く、国や自治体の政府関係者や警察官、消防士、空港の入国審査官などがあります。

例えば、政府機関は、首長府や政庁、警察、経済開発庁、観光商務庁、民間航空庁、道路交通庁など、公営企業は、ドバイ救急サービス公社やドバイ空港公社、プロフェッショナル通信公社、ドバイ輸出公社、ドバイメディア公社などがあります。

ちなみに、ドバイの公務員になれるのはUAE人のみで、日本人がドバイの公務員になることはできません。

外国人はドバイの公務員にはなれませんが、ドバイ人口の約10%しかいないUAE人の大半が公務員であり、裕福な生活を送っています。

税金がなく、医療費や教育費が無料

ドバイは「タックスヘブン」と呼ばれ、税金がなく、医療費や教育費も無料になっています。

なぜなら、ドバイでは、国民が税金を納めるのではなく、石油収入が国の収入になっており、国民に利益を還元しているためです。

例えば、ドバイでは所得税や住民税などの税金を納める必要がないので、自分の給料は全て手取りになります。

さらに、病院受診も無料で、海外で手術になった場合は、旅費も含めて国が負担してくれます。

教育に関しては、大学まで無償で通え、国負担で留学にも行けます。

このように、ドバイの税金のない経済システムによって、国民は大きな恩恵を受けて暮らしています。

家賃収入なども多い

ドバイでの家賃収入は多く、中国人投資家が注目しています。

これは、ドバイの不動産は、北京や上海より安く、投資利益率が高いためです。

例えば、上海で1平方フィート当たり約12万~18万円程度の物件は、約4万8,000円~6万円程度で購入できます。

さらに、ドバイでは登録料など一部支払いは生じますが、不動産の売買や家賃収入、固定資産税などに税金はかかりません。

ドバイで家賃収入を得る外国人投資家が多く、「タックスヘブン」として不動産にも影響を与えていると言えます。

ドバイの平均年収は高いが支出額も多い

ドバイの平均年収は高いが支出額も多い

ドバイでは高収入を得られますが、国民の貯金はあまり多くありません。

これは、ドバイに住む人々の支出額が多いことが原因です。

それでは、ドバイの平均年収に対する支出額について解説します。

生活水準には個人差がある

ドバイの生活水準には個人差があり、特に、UAE人と非UAE人の間では支出額に大きな差があります。

これは、UAE人の平均世帯人数が6.6人と大家族が多いためです。

核家族家庭はほぼなく、一世帯に子供が3〜5人いることが当たり前です。

家族の人数が多い場合、家計に1番影響するのは食費ですが、UAE人の家庭では年間平均170万円、非UAE人の家庭では60万円と、3倍近くの差があります。

このようにドバイの生活水準は世帯人数によって異なり、平均年収は高いですが、支出額も多い国と言えます。

ドバイの人口

ドバイの人口

ドバイには東南アジアからの出稼ぎ労働者が多く、人口は年々増加しています。

そのため、純粋なUAE人は人口の約1割しかいない珍しい国です。

そこで、ドバイの人口について解説します。

ドバイの人口は333.1万※2019年

2019年のドバイの人口は333.1万人であり、2010年の191万人から倍近く増加しました。

これは、ドバイの経済発展に伴い、外資企業が進出した結果、外国人労働者が急増したためです。

例えば、ドバイでは、インド人やフィリピン人、パキスタン人、バングラデッシュ人などが働いています。

UAE人に比べると外国人労働者の給料は低いですが、自国で働くよりも高収入を得られるため、ドバイで働き、実家に仕送りしている外国人労働者がたくさんいます。

ドバイの物価情報

ドバイの物価情報

ドバイ就職や移住後の生活に1番影響するのは物価でしょう。

そこで、ドバイの物価情報について解説します。

そもそもドバイの言語は?

ドバイの公用語はアラビア語ですが、英語を話す人々もたくさんいます。

これは、ドバイが観光大国であることと、外国人労働者が人口の約90%を占めていることが理由です。

例えば、街中の看板や案内掲示板、道路標識などにも英語が併記されています。

公用語はアラビア語ですが、英語が話せればドバイでは生活できるでしょう。

ドバイの物価は高いの?

ドバイの物価はガソリンやタクシーなど原油関係のものを除くと、日本より高いと言えます。

これは、2018年にVET(付加価値税)という消費税のような税が導入されたことが理由です。

例えば、飲み物や食べ物にもVETが導入され、炭酸飲料には100%のVETがかかるため、以前の倍に値上がりしました。

日本より安いものは、水500ml約30〜60円、ガソリン1L約80.5円、タクシー初乗り360円などがあります。

中級レストランや食堂での食事は〜3,000円と、日本とあまり変わりません。

しかし、ドバイはイスラム教国でアルコールが禁止されているため、ビール1杯1,200円〜、グラスワイン1杯1,800円〜と外国人向けにかなり高額で販売しています。

このように、ドバイは日本に比べると安いものも高いものもありますが、相対的に物価は高いと感じるでしょう。

英語ができない日本人がドバイで仕事するには?

英語ができない日本人がドバイで仕事するには?

転職エージェントを利用すれば、英語ができない日本人でもドバイで仕事を見つけられる可能性があります。

そこで、転職エージェントを利用したドバイの仕事探しについて解説します。

転職エージェントを利用するのがおすすめ

ドバイで語学不問の求人を見つけるためには、転職エージェントの利用が効率的です。

なぜなら、海外就職に精通している転職エージェントもあり、自力では見つけられないドバイでの求人を持っている可能性があるためです。

例えば、現在求人サイトで「ドバイ 語学不問 求人」と検索しても、料理人募集の英語求人しかヒットしません。

しかし、転職エージェントなら、語学力の低さをカバーできる自分の能力をコンサルティングを通して見つけ、自分に合った求人をプロの視点で紹介してもらえる可能性があります。

英語ができないからとドバイでの仕事探しを諦めるのではなく、まずは転職エージェントへ相談してみましょう。

リクルートの公式サイトへ

まとめ|ドバイの平均年収は1,000万円超え

ドバイではお金持ちが多く、きらびやかなイメージがありますが、高収入を得ているのはほんの一握りのUAE人のみです。

外国人労働者も多く、国際色豊かなドバイで就職や移住をすれば、日本では経験できない多国籍の人々との生活を楽しめるでしょう。

洗練されたグローバル感覚を身につけたい人にはドバイ生活がオススメと言えます。

関連記事

ドバイで就職するにあたって、転職エージェントに登録したいと思ったときに、「ドバイで就職するとき、どの転職エージェントに登録したらいいんだろう…」この記事では、そんな悩みを抱えている転職希望者に向けて、ドバイでおすすめの転職エ[…]

騙されるな!ドバイ就職におすすめの転職エージェント8選!
CTA画像
転職エージェントの登録は3分もしないで登録が可能です。また、無理にいますぐ転職する必要もなく、登録だけ事前にしておいて、エージェントに希望する求人を探してもらうだけでも問題ありません。そこで、求人数が業界No.1の「リクルートエージェント」への登録をCareer-Worldではおすすめしています。ぜひこの機会に登録してみてくださいね。
いますぐ無料登録する!
\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録