英語の勉強の仕方がわからない人必見!映画やアプリを使った勉強法も解説

英語の勉強の仕方が分からない…

アプリや映画で英語を学ぶことはできないかな?

初心者でもできる英語の練習方法は?

こんな疑問を抱いてはいませんか?

この記事では初心者でも安心して取り組めるおすすめの英語勉強方法を紹介しています。

一読することで、レベルに合った英語の勉強方法をすぐに実践することが可能です。

英語の勉強におすすめの映画やアプリも参考にして、着実にレベルアップしていきましょう。

目次

英語の勉強の仕方がわからないという人は英語を使う機会が少ない

いざ英語の勉強を始めようと思っても、勉強の仕方がわからず続けられない方もいるはずです。

これは、英語を使う機会が少ないことが原因である可能性が高いと言えます。

具体的な英語勉強法を知り、英語で何をしたいかを明確にすることが大切です。

そこで、英語の勉強の仕方がわからない方に必要なことを解説します。

英語を学ぶにはインプットだけでなくアウトプットも大切

英語を学ぶにインプットだけではなくアウトプットも大切です。

なぜなら、インプット学習だけで英語力は伸びませんが、アウトプット学習を取り入れると英語力の定着が良いためです。

例えば、アメリカの研究によると、聞いたり見たりするだけの場合、学習効率は5〜30%程度ですが、話し合いや実践、人に教えるなどのアウトプット勉強法では50〜90%ほどに跳ね上がります。

英語をインプットするだけでなく、アウトプットも取り入れると、短い学習時間でより効率的に英語力を身に付けられるでしょう。

英語を使って何がしたいかを明確にすることも大切

英語を使って何がしたいかを明確にすることも大切です。

なぜなら、目標を設定することは継続力に繋がるためです。

例えば、海外就職して日系企業の現地支社で働きたい場合、日常会話レベルの英語力はあった方が良いでしょう。

さらに、日系企業はTOEICの点数を重視する傾向があるので、TOEIC頻出英単語や文法を中心に覚えることもおすすめです。

また、現地企業で働きたい場合は、ネイティブと渡り合えるだけのリスニング理解力、発音矯正なども必要になるでしょう。

働く目的だけでなく、海外旅行をより楽しみたい、海外の友人とスムーズに英会話したいなど、あなたが英語を何に使いたいかを明確にすることが大切と言えます。

英語の勉強の仕方がわからない初心者におすすめの勉強方法

英語初心者の方は勉強の仕方がわからず、何から手を付けたら良いか迷う方もいるはずです。

勉強方法で悩んでいるだけでは英語力を上げられないので、とにかく行動を始めることが大切です。

そこで、英語の勉強の仕方がわからない初心者におすすめの勉強方法を解説します。

中学レベルの英単語や文法を覚える

まずは中学レベルの英単語や文法を覚えましょう

なぜなら、基礎がなければどれだけ時間を費やしても英語力が伸びないためです。

例えば、アプリを使って中学英語の英単語や文法を復習すると良いでしょう。

アプリなら、スキマ時間に手軽に勉強でき、自分のペースを保てます。

このとき、短時間で基礎を固めることが次のステップにスムーズに移行するコツです。

中学レベルの英単語や文法を理解し、自分に合った楽しいと感じられる英語学習を進めることで目標達成が近づくでしょう。

リスニングは動画や映画で学ぶ

リスニング力を上げるには、動画や映画で学ぶことがおすすめです。

なぜなら、「もっと見たい、知りたい。」という気持ちが継続力に繋がるためです。

例えば、短い動画を3回見てリスニング力を上げる方法があります。

最初は日本語字幕を付けて内容を理解し、次に英語字幕で使われている英単語を確認、最後に字幕なしで意味の理解に努めると良いでしょう。

自分の興味がある動画や映画を教材にするとよりリスニング力を向上できます

参考書や単語帳を暗記するよりもリスニングの機会を増やすために動画や映画を使うことがおすすめです。

発音練習をしっかりと行う

発音練習はしっかり行いましょう。

これは、発音練習を通して、話す基礎を身につけられるためです。

例えば、英単語を1つずつ覚えるのではなく、文章にして発音練習すると覚えられる単語数も増やせます

また、英文を発音すると単語間の音の繋がりや省略、アクセント、イントネーションなども理解でき、リスニング力も向上します。

最初は発音を意識して短い英文を暗記するだけでも良いので、発音練習でアウトプットを増やすことが大切です。

シャドーイングを用いてアウトプットする

シャドーイングを用いたアウトプット学習法もおすすめです。

なぜなら、シャドーイングはリーディングやライティング、リスニング、スピーキング力向上に大きな効果があるためです。

シャドーイング:英文を音声で聞き、少し遅れて発音、真似する勉強法

例えば、英語の発音練習方法でも単語を1つずつ発音するよりも英文を発音することをおすすめしました。

このとき、ただ文章を見て発音するだけでなく、英文を聞き、読みながら発音することで、より正しい発音を即座に練習できます。

シャドーイングでは正しい文法、表現が使われている英文を読んだり聞いたりして覚えるので、自分でライティングするときにも文章が作りやすくなるメリットもあります。

シャドーイングを用いたアウトプットは英語初心者でも簡単にできるので、英語勉強法がわからない方はシャドーイングから始めると良いでしょう。

【単語や文法チェック】英語の勉強の仕方がわからない人におすすめのアプリ

英語勉強では単語や文法チェックのためにアプリを使用することがオススメです。

アプリなら忙しい合間を縫って、スキマ時間で勉強できるでしょう。

それでは、英語の勉強の仕方がわからない人におすすめのアプリを紹介します。

英単語アプリ mikan

英単語を覚えるには、英単語アプリmikanの利用がオススメです。

なぜなら、短時間で毎日英単語を覚えられるためです。

例えば、mikanでは55,000語を超す単語をゲームのように楽しんで覚えられます。

TOEIC対策や単語帳の利用などは有料になりますが、無料でも十分英語勉強に役立つので、5分ほど時間ができたときにはmikanを開いて勉強すると良いでしょう。

目標レベルや今のレベルを登録し、リマインダーも設定できるので、毎日無理なく続けられます

英単語の意味を手軽に覚えたい方はmikanを利用しましょう。

英語物語

ゲーム感覚で楽しんで英語勉強に取り組みたい方は英語物語の利用がオススメです。

これは、英語物語はRPGのように敵を倒してストーリー形式で学習を進めるアプリであるためです。

例えば、文法や動詞、名詞などが攻撃属性によって分けられており、1つ選択すると問題が表示されます。

問題に正解すると敵に攻撃、勝利でき、ストーリーが進んでいくのでゲーム好きの方には最適なアプリです。

英語物語なら英語に苦手意識を感じていても楽しく取り組め、英語勉強に対する意識も変えられるでしょう。

Duolingo

Duolingoは世界中で利用されている語学学習のためのアプリです。

アプリで気軽にクオリティの高い英語を学びたい方にはDuolingoが最適と言えます。

なぜなら、世界最大の語学学習コミュニティアプリであり、レッスンが充実しているためです。

例えば、アプリをインストールしたらすぐに自分の英語レベルを確かめるテストを受けられます

最初のテストの後、レッスンから自分のレベルに合わせた問題が出題されます。

スキマ時間で効率的に英語を学びたい方はDuolingoを利用すると良いでしょう。

【リスニング学習】英語の勉強の仕方がわからない人におすすめの映画や動画

リスニング学習のためにどのような映画や動画を見るか迷う方もいるはずです。

英語の勉強の仕方がわからない人は、難易度が低く、楽しんで見られる映画や動画を選ぶことが大切です。

それでは、リスニング学習におすすめの映画や動画について解説します。

アナと雪の女王

英語初心者のリスニング練習なら、アナと雪の女王がおすすめです。

なぜなら、初級レベルの英語が使われているためです。

例えば、ほとんどのセリフが高校までで習う単語で構成されており、ネイティブ表現が多いと言えます。

ディズニーシリーズは白雪姫や眠れる森の美女などの古いものを選ぶと古い英語の表現が出てきますが、アナと雪の女王なら現代的な英語も学べます。

ディズニーアニメのなかでもアナと雪の女王なら英語初心者でも内容を理解しながらリスニングを練習できるでしょう。

魔女の宅急便

英語初心者のリスニング練習には魔女の宅急便も役立ちます。

これは、魔女の宅急便もセリフに使われている英語の難易度が低いためです。

例えば、使われている英語は中学1年生レベルなので、英語の基礎を身につけた時点で理解できるセリフも多いでしょう。

日本語で馴染みのある方も多い魔女の宅急便なら、内容を理解する時間も省け、リスニング力アップに集中できます。

TED

専門分野でリスニングを鍛えたい方はTEDがおすすめです。

なぜなら、TEDは各分野の専門家が最新の研究結果をプレゼンテーションしているためです。

例えば、YouTubeにはTED公式チャンネルがあり、キャリアパスや心理学、ビジネス、経営、金融などさまざまな分野のトークが聞けます。

仕事関連や興味のある分野のリスニング力を伸ばしたい方にはTEDが最適です。

NHKゴガク

英語を学習する目的に合わせてリスニングを鍛えたい方にはNHKゴガクがオススメです。

なぜなら、NHKゴガクではさまざまな英語番組を1週間分、ストリーミングで見られるためです。

例えば、中学生英語や中級レベルの英語、英会話、ビジネス英語に特化した講座があり、自分のレベルや目的に合わせた内容でリスニングを練習できます。

何から始めるべきか迷っている方は、初心者でも選べる講座があるNHKゴガクでリスニングを練習しましょう。

【発音練習】英語の勉強の仕方がわからない人におすすめの発音練習方法

幼い頃から英語に触れていない限り、ネイティブ発音を手に入れること非常に困難です。

しかし、発音を練習して可能な限り日本語アクセントをなくし、正しく発音することで、聞き返されることが減り、コミュニケーションもスムーズになります

それでは、英語の勉強の仕方がわからない人におすすめの発音練習方法について解説します。

単語と単語の音のつながりを意識する

単語と単語の音のつながりを意識しましょう。

なぜなら、英文を流れるように発音できるようになるためです。

例えば、飲食店での注文や許可を取る際に使う”Can I ~?”は「キャン、アイ」よりも「キャナイ」と発音するとより理解されやすくなります。

ちなみに、この音のつながりを意識した発音はリンキングやリエゾンと呼ばれます。

リスニングを練習するときにも、どの音がつながっているのか意識して聞くと意味を理解しやすくなり、発音練習にも活かせるでしょう。

音の省略を理解する

発音練習では、音の省略も理解する必要があります

なぜなら、省略する音を知っていると、発音しやすくなる上に、ネイティブの発音に近くなるためです。

例えば、天気の良い日を表現したり、地域によっては挨拶に使われたりする”good day”は「グッド、デイ」ではなく、「ド」の音を省略して「グッデイ」と発音すると良いでしょう。

なお、この音の省略はリダクションと呼ばれます。

音の省略が理解できると発音しにくい文章が格段に減り、スピーキング練習も楽になるでしょう。

アクセントやイントネーションをじっくり整理する

アクセントやイントネーションをじっくり整理することも大切です。

これは、英語と日本語では音の流れが違うためです。

例えば、日本語は音の上がり下がりが少なく、平坦に発音されます。

しかし、英語では強調される音によって単語の意味が異なる場合があります

具体例としては、”dessert”(デザート)と”desert”(砂漠)の発音はカタカナにすると「デザート」ですが、”dessert”は「ザ」を強く発音し、”desert”は「デ」が強くなります。

文章の流れで理解できることもありますが、アクセントやイントネーションを整理することで、より伝わりやすい発音を習得できるでしょう。

英語の勉強の仕方がわからない人はノートの活用もおすすめ

学生時代、英語勉強にノートを使用していた方も多いでしょう。

ノートを使うことで、独学でも自分の覚えるべき単語や表現を整理でき、オリジナルの参考書のようにして復習に役立てられます

単語や熟語、表現、英会話などの項目別に目次を作っておくと後で見返すときに便利です。

それでは、英語の勉強の仕方がわからない人ができるノートを活用した勉強法について解説します。

覚えた単語をメモする

覚えた単語をメモすることにノートが役立ちます。

なぜなら、新しく覚えた単語は定着するまでに時間がかかるためです。

ノートを活用することで「あの時覚えた単語を使いたい。」というところまで思い出せても、単語自体を思い出せない場合、ノートを開くだけですぐに見返せます。

例えば”confirm”(確認する)と日本語の意味だけでなく、”confirmation”など異なる品詞の形や”ascertain””make sure”(確かめる)など似た意味を持つ表現や例文も併せてメモしておくことがポイントです。

覚えた単語に付随する情報も加えると、単語の知識が広がるでしょう。

単語に関連する熟語なども整理する

単語に関連する熟語なども同時に整理しましょう。

なぜなら、熟語で理解することでライティングやスピーキングのときに自然な言い回しが使えるためです。

例えば”responsible”(責任がある)だけでなく”be responsible for X”(Xに責任がある)まで整理しておくと、単語を使うときに頭の中で英文を作りやすくなります。

また、TOEICなどのテストでもこのイディオムと呼ばれる英単語の熟語を覚えておくと解ける問題もあります。

単語に関連する熟語なども整理することで、語彙力アップが期待できるでしょう。

わからない表現をメモして確認する

わからない表現をメモして確認することにもノートを活用できます。

なぜなら、同じ場面に出会ったときに備えられるためです。

例えば、仕事上でネイティブと話したり、英会話の授業を受けたりする場合”How good is your English?”と聞かれることがあります。

このとき、適切な回答が思い浮かばず”Not good.”や”Bad.”と謙遜したつもりで答えても、相手に気持ちまで伝わりません。

謙遜しながらもポジティブな印象で返したい場合は”I’m alright.”や”I’m still learning.”が最適です。

よく受ける質問への回答や、わからない表現に出会ったら、例文をノートに残すと次に使う場面が来たらすぐ使えるでしょう。

記述した内容を音読して発音練習

記述した内容を音読して発音練習することも大切です。

これは、書くことでインプットした内容をアウトプットして知識を定着させるためです。

例えば、記述した単語や英文を独り言のように音読したり、実際に使う場面を想像しながら、1人英会話をしたりすると、記憶が定着しやすいでしょう。

このとき、ただ音読するのではなく、音のつながりや省略、発音も意識してスピーキング練習にも役立てることがポイントです。

英語は使えば使うほど記憶に残り、英語を話したり聞いたりする瞬発力にもつながるので、ノートに記述した内容を音読して発音練習することがオススメです。

英語の勉強の仕方がわからないという人は多い!知恵袋に寄せられた方法も紹介

英語は習得までに時間がかかり、すぐに結果が見えないので、勉強の仕方がわからない人はたくさんいます。

その証拠に知恵袋には英語の勉強法についての質問が寄せられています。

それでは、英語の勉強の仕方がわからない人の質問に対して知恵袋に寄せられた方法を紹介します。

英語で日記を書く

英語の勉強法がわからない人は、英語日記を始めることがおすすめです。

これは、自分が必要とする単語を明確にできるためです。

例えば、その日の気分や仕事内容などは人によって異なります。

雨の日は”depressed”(憂鬱)と感じる方もいれば”unlucky”(ついてない)程度に感じる方もいます。

さらに、接客業なら”customer”(客)会社員の方なら”client”(顧客、取引先)など仕事によって使う英単語も異なるでしょう。

知恵袋の回答者の方は英語で日記をつけることを半年続ければ単語力が身に付くと回答しており、英語日記は語彙力を上げることに効果的と言えます。

英語の童謡を歌う

英語の童謡を歌うこともおすすめです。

なぜなら、メロディに乗せて歌詞を覚えると、正しい英文法が身につくためです。

例えば「きらきら星」の「お空の星よ」の部分は英語の歌詞では”How I wonder what you are”と表現されます。

この1文だけでも”I wonder ~”(〜を疑問に思う)や”what S V”という”what”を関係代名詞として使うことを習得できます。

英語の童謡の歌詞を覚えて口ずさむだけで、簡単な単語を使いながら英文法も自然に覚えられるでしょう。

初級レベルのオンライン英会話を受けるのもおすすめ

初級レベルのオンライン英会話を受けるのもおすすめです。

なぜなら、オンライン英会話ではレベルに関わらず毎日レッスンを受けられるためです。

例えば、知恵袋ではhanasoというオンライン英会話が紹介されており、どのプランを選んでも好きな曜日や時間帯にレッスンを受けられます。

初級レベルのオンライン英会話なら、身に付けた基礎力をすぐにアウトプットでき、定着する時間も短縮できるでしょう。

英語の勉強の仕方がわからないという人におすすめの英会話スクール

日本人は比較的、英語を読んで理解する力には長けていますが、聞く、話すというコミュニケーション英語は苦手な方が多いと言われています。

英会話スクールなら、独学では続かない方や英語の勉強の仕方がわからない方でも手軽にリスニングやスピーキングを練習できるでしょう。

それでは、英語初心者の人におすすめの英会話スクールについて解説します。

Bizmate

英語が話せない方にはBizmateがおすすめです。

なぜなら、Bizmateは社会人の英語初心者に人気の英会話スクールであるためです。

例えば、ビジネスに使える実践的な英語コミュニケーション力を身に付けられ、中学英語の基礎から始められる教材が充実しています。

また、利用者の9割が英語力の向上を実感しており、レッスンで得られる効果は高いと言えます。

中学英語からやり直し、英語のコミュニケーションスキルを上げたい方はBizmateを利用すると良いでしょう。

レアジョブ英会話

実績のある大手サービスを選び、費用を抑えたい方にはレアジョブ英会話がおすすめです。

これは、レアジョブ英会話は2007年からサービスを提供しており、低価格でレッスンを受けられるためです。

例えば、レアジョブ英会話の日常英会話コースは月8回4,620円で受けられます。

さらに、初心者向けに日本人講師とのレッスンもあるので、英語力に自信がなくても気軽に受講できます。

低価格で初心者向けのレッスンを受けたい方は、1度レアジョブ英会話の無料体験レッスンを受けると良いでしょう。

ネイティブキャンプ

仕事の予定が一定でない方や、忙しい方にはネイティブキャンプがおすすめです。

なぜなら、ネイティブキャンプなら時間に縛られずオンライン英会話を受講できるためです。

例えば、365日24時間好きな時間や場所でレッスンを受けられ、出張の多い方やシフト制の仕事の方でもスケジュール管理を気にする必要はありません。

いつでもどこでも簡単に英会話を続けたい方はネイティブキャンプを利用すると良いでしょう。

まとめ|英語の勉強おすすめ方法はいくらでもある!

英語の勉強おすすめ方法はいくらでもあります。

勉強の仕方がわからず悩んでいる方は、さまざまな勉強法を試し、自分に合った方法を見つけることが大切です。

今回紹介した英語の勉強おすすめ方法を今日から1つ試し、目標に合わせた英語力を身に付けてください。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録