アメリカの平均年収はいくら?中央値や大卒・サラリーマンの年収など解説

アメリカへの就職または移住を検討しようとしたとき、

「アメリカの平均年収はいくら?」

「アメリカの平均年収の推移はどんな感じ?」

この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、アメリカの平均年収や日本との比較、推移なども解説していきます。

最後まで読むことで、アメリカの現地情報について深く知ることができるでしょう。

miidasの年収査定miidas(ミイダス)」ではたった3分であなたの過去の職歴などから無料で年収を査定してくれる年収査定を展開しています。

適正年収含め、無料登録しておくだけで企業から直接オファーが届きます。

「今の年収が本当に適正か知りたい…」「転職前に自分の市場価値を知りたい…」そんな方におすすめです。

いますぐ無料年収査定!

アメリカの平均年収はいくら?

アメリカの平均年収はいくら?

アメリカ転職を考えるとき、まず気になるのは平均年収でしょう。

しかし、アメリカは貧富の差が激しいので、中央値も参考にしたほうが生活をイメージしやすいと言えます。

それでは、アメリカの平均年収について解説します。

アメリカ平均年収の中央値は約675万円

2020年、アメリカ平均年収の中央値は約675万円で、日本の437万円と比較すると、約200万円の差があります。

日本人がアメリカで働く場合、平均年収と同等かそれ以上の年収を得られるでしょう。

なぜなら、就労ビザの条件に、労働市場の平均以上の給与を得ることが挙げられているためです。

例えば、現地企業から内定が出た場合、就職する業種の平均年収を提示し、給与交渉すると、その後のビザ審査が通りやすくなる可能性もあります。

日本と比較するとアメリカの平均年収の中央値は高いので、アメリカで働けば年収アップも狙えるでしょう。

アメリカのサラリーマンの平均年収は州によって差が広い

メリカのサラリーマンの平均年収は州によって差が広いといます。

なぜなら、アメリカの州制度は独立性が高く、法体系も異なっているためです。

例えば、平均年収が最も高いワシントンD.Cは870万円以上で、平均年収が低いミシシッピ州やニューメキシコ州と比べると400万円以上の差があります。

アメリカに就職し、年収アップしたいなら州ごとの平均年収も比較し、高収入を狙える都市部の企業求人に応募することがおすすめです。

アメリカの大卒初任者の平均年収は606万円

アメリカの大卒初任者の平均年収は606万円と、日本の271万円と比較すると2倍以上になっています。

これは、アメリカでは初年度年収が非常に高い専攻があり、平均を底上げしているためです。

例えば、石油工学専攻の初年度年収平均は約965万円、コンピュータープログラミングは約944万円、コンピューターエンジニアリングで約943万円となっています。

アメリカの大学は卒業が難しく、学位を持っていると社会的地位が高くなるので、初任給も日本に比べると非常に高いと言えます。

アメリカの30代の平均年収は700万~850万円

アメリカの30代の平均年収は700万円〜850万円です。

しかし、この数字はあくまでも平均なので個人によって大きな差があることが予想されます。

なぜなら、アメリカは成果・実力主義で、日本のような年功序列の考え方ではないためです。

例えば、アメリカも日本と同じように、年齢と共に年収も上がります。

しかし、これは年齢が上がったからではなく、キャリアを積んだ結果の年収アップと言えます。

つまり、アメリカでは30代でも年収10万ドル(約1,000万円)を超える富裕層もいれば、年収2万ドル(約200万円)以下の貧困層もいます。

アメリカでは年功序列ではなく成果・実力主義であるため、キャリアを積めば30代でも平均年収以上を得られるでしょう。

アメリカの平均年収が高い人はアジア人の割合が高い

アメリカの平均年収が高いのはアジア人の割合が高く、アジア人の平均年収は98,174ドル(約980万円)となっています。

これは、アメリカに移住するアジア人は高水準の教育を求めているためです。

例えば、親世代が出身国からアメリカ移住してきたときに不利な状況を強いられ、子供には同じ思いをさせないように教育に投資する家庭もたくさんあります。

近年、アジア人の裕福な生活を題材にするアメリカ映画も人気になっており、アメリカに住むアジア人の平均年収が高いことが周知の事実となってきています。

アメリカの平均年収は世界的に見ても高い?イギリスや日本との比較は?

アメリカの平均年収は世界的に見ても高い?イギリスや日本との比較は?

アメリカ就職を考えるとき、アメリカだけでなく他国との平均年収を比較することも大切です。

そこで、アメリカと他国の平均年収比較について解説します。

アメリカの平均年収は世界4位

アメリカは平均年収ランキングで世界4位となっており、世界的に見ても比較的平均年収が高い国と言えます。

なぜなら、3位のスイスとは大きな差がないためです。

例えば、ランキング3位のスイスの平均年収は約699万円、アメリカは約692万円となっています。

世界的に比較しても平均年収の高いアメリカで就職すれば、日本で働くよりも年収アップできるでしょう。

アメリカの平均年収はイギリスや日本よりも高い

アメリカの平均年収はイギリスや日本よりも高くなっています。

これは、イギリスや日本に比べると、アメリカのGDPが高いためです。

例えば、アメリカの平均年収は世界ランキング4位で約692万円、イギリスは14位で約496万円、日本は24位で約405万円となっています。

アメリカに就職すれば、イギリスや日本で働くよりも高収入を得られるでしょう。

世界の平均年収のワーストはメキシコ

あくまでOECD加盟国内のランクングではありますが、世界の平均年収のワーストはメキシコです。

メキシコの平均年収が低いのは、国全体の物価も低いためです。

例えば、2020年のメキシコの平均年収は約179万円でした。

OECD加盟国のなかではメキシコが平均年収ランキングにおいて最下位となっています。

アメリカの平均年収の推移は?今後も高い?

アメリカの平均年収の推移は?今後も高い?

アメリカに就職し、現地企業や日系企業でキャリアを積むことを目指すとき、アメリカ就職の将来性が気になるでしょう。

そこで、アメリカの平均年収の推移や予想される今後の平均年収について解説します。

2008年から2012年はリーマンショックで下降気味

アメリカの平均年収は2008年から2012年まで下降気味でした。

これは、2008年のリーマンショックを受けて、数年間低迷を続けていたためです。

しかし、2013年以降は徐々に回復し、2017年には完調しています。

アメリカの平均年収は過去下がったことがあるとは言え、近年は高水準を保っています。

近年の平均年収は過去最高

アメリカの平均年収は近年、過去最高になっています。

これは、アメリカが高い経済成長率を保っているためです。

例えば、2020年は新型コロナウイルスの影響で-3.14%となっていますが、過去10年間の経済成長率は平均2%以上です。

2021年には前年のマイナスから回復しており、アメリカは今後も経済成長に伴って、平均年収も増えていくことが予想されます。

アメリカはなぜ平均年収が高いの?

アメリカはなぜ平均年収が高いの?

アメリカの平均年収を調べていると、なぜここまで日本の平均年収と差があるのか疑問に思うでしょう。

そこで、アメリカの平均年収はなぜ高いのかについて解説します。

アメリカは物価も高い

アメリカの平均年収が高いのは物価も高いためであると言えます。

これは、商品やサービスの値段が高ければ、労働者の賃金も増えるためです。

例えば、アメリカで満足できる昼食を取りたい場合、10ドル(約1,000円)は払う必要があります。

数百円で十分な昼食を取れる日本とは違い、労働者が得られる経済的な恩恵も大きいでしょう。

アメリカの平均年収が高い背景には、物価が高いことも関係していると言えます。

シリコンバレーには世界的なトップ企業も多い

アメリカ・シリコンバレーには世界的なトップ企業も多く、アメリカの平均年収を底上げしています。

なぜなら、シリコンバレーには平均年収の高いIT技術者が集まっているためです。

例えば、平均でも1,500万円〜3,000万円、キャリアを積んだITエンジニアならそれ以上の給料を得ています。

シリコンバレーの世界的なトップ企業で働く技術者の給料は非常に高いため、アメリカの平均年収も伴って高くなっています。

アメリカはベンチャー企業への投資も盛ん

アメリカはベンチャー企業への投資も盛んになっています。

これは、将来が期待できるベンチャー企業への投資が活発であるためです。

例えば、2017年の日本のベンチャー投資額は約2,000億円ですが、アメリカは9.5兆円となっており、桁違いと言えます。

ベンチャー企業でも優秀な人材なら有名企業よりも好条件で雇える環境が整っていることも、アメリカが高い平均年収を保っている要因です。

まとめ|アメリカは平均年収も高く物価も高い!

アメリカは平均年収も高く、物価も高い国と言えます。

そのため、日本で培った経験を活かしてアメリカで働けば、年収アップも狙えるでしょう。

理想の海外就職を果たすためにも、平均年収や物価を他国と比較しながら現地情報を収集することがおすすめです。

\海外就職におすすめの王道無料転職サービス/
\ 海外求人数No.1 /
リクルートに無料登録