当サイトは、2021/06/01よりOPENしました

50代・60代でも海外就職は可能?東南アジアのシニア向け求人を併せて解説

シニアと呼ばれる50代・60代で海外就職するにあたって、

「50代・60代(シニア)で海外就職はできる?」

「マレーシアやタイ、ベトナムなどでシニア向けの求人はあるの?」

この記事では、そんな悩みを抱えている海外就職希望者に向けて、50代・60代でも海外就職ができるのか、またシニアが老後に住みやすいと言われる東南アジアで求人はあるのかについて解説します。
最後まで読むことで、50代・60代でも海外就職を失敗せずに成功できるようになるでしょう。
リクルートエージェントアジア中心に海外の求人数最大級の転職エージェントである「リクルートエージェント(RGF)」。
日本人のアジア海外転職において、実績・満足度ともにNo.1で、希望する勤務地ごとに検索できます。海外の求人情報アジアへの就職を考えてるなら「リクルートエージェント(RGF)」が鉄板です!

※リクルートエージェントに登録で海外求人の紹介が可能

公式サイトを見る

そもそも50代・60代は海外就職できる?

50代・60代でも海外就職は可能です。早期退職や定年退職後の方を対象とした求人を募集しています。こうした企業が求めているのは、日本の発展を支えてきた年代の見識やノウハウです。

子供も立派に成長し、家族にかける負担少なく済むという理由で、海外就職を考える方も多くいます。実際に50代、60代それぞれの海外就職は可能であるか、体力面の心配について解説していきます。

50代で海外移住して仕事をすることは可能?

50代で海外移住して仕事をすることは可能です。リタイアメントビザを発行する国も東南アジアには多く、50歳以上の方がむしろ海外移住しやすい環境が整っています。仕事に関しても50代は60代に比べると探しやすい年代です。

50代に向けた求人があるのは、企業が熟練の経験を求めているからです。英語をがんばってきた方なら、ある程度できるようになっているでしょうし、何よりもキャリアにおいて知識も経験も豊富です。50代の転職者は見識やノウハウを持ち、海外で即戦力になると企業は期待しています。

日本で定年まで働くにも、早期退職して転職するにも、収入は頭打ちになることが予想されます。そういった背景から、海外で全く畑違いの職業へ転職する方もおり、50代の海外就職は可能性に溢れています。

家族や会社のためにこれまで汗を流して働いてきた50代にとって、海外就職は充分可能性のある選択肢と言えます。

60代で海外で働くことは現実的?

60代で海外で働くことは充分に現実的です。熟練のキャリアと語学力があれば、海外で働く条件は満たしていると言えます。定年後の方歓迎の求人もあるので、企業も60代は価値のある人材だとわかっています。

日本で再雇用や再就職で仕事を続けたとしても、60代の価値を充分に理解している企業は多いとは言えないのが現実です。しかし海外就職なら日本語を話せる時点で強みとなり、さらには60代の持つ見識やノウハウを生かすことができます。

例えば、専門的なスキルやマネジメント経験がある人、ビジネスに関する語学力があれば仕事の幅はより広がります。日本人60代の能力や技術を必要とする海外企業もあります。実際に定年後海外で働く人もいるので、60代で海外で働くことはおおいに現実的です。

シニアで海外勤務は体力的にキツい部分も

体力的な問題からは逃げられないことは事実です。何十年も住んできた日本での慣れた生活から離れることは、そもそも年齢関係なく体力がいることです。毎日の生活も維持するだけでも大変になるでしょう。働き方をはじめから調整するなど、前もって準備しておくことが大切です。

海外で仕事をしていると、腰が痛い、持病がある、体調を崩す、さまざまな問題が発生します。病院も現地で行かなくてはならないでしょう。仕事以外の面でも生活を保てるよう、普段から日本人コミュニティに顔を出し、生活や仕事に関する情報をもらっておきましょう。

海外勤務は永住ではありません。本当にキツくなったら日本に帰国する選択肢も残しておけます。体力的にキツくなり、帰国したくなった時のために準備しておくことも大切です。自分の体と付き合いながら、体力的に無理が少ない海外勤務ができるよう準備を整えましょう。

東南アジア(タイ・マレーシア・ベトナム・台湾)にシニアの求人はある?

東南アジアはシニアの海外就職に人気の国が数多くあります。国別にどのような求人があるのか見ていきましょう。

タイで50代・60代(シニア)向けの求人

タイで50代・60代(シニア)向けの求人

IT営業、工場管理、金融コンサルタントなどの求人があります。求める英語レベルはコミュニケーションレベルからビジネスレベルまで職によってさまざまです。どの業界にも経験は必要なので、自分のキャリアや経験にあった求人に応募することが重要になるでしょう。

マレーシアで50代・60代(シニア)向けの求人

マレーシアで50代・60代(シニア)向けの求人

建築業界、電子系の技術指導、コールセンターなどの求人があります。マレーシアでは50歳からロングステイビザが緩和されるので、シニア就職には適した国です。稀に技術職であれば語学力がいらない求人もあるので、語学力に自信のない方は自分のスキルと照らし合わせて吟味してください。

ベトナムで50代・60代(シニア)向けの求人

ベトナムで50代・60代(シニア)向けの求人

製造業エンジニア、食品関係マネジメントなどの仕事があります。どの業界にも経験は必須であり、英語力は日常会話レベル以上が必要です。ローカルスタッフへの指導が業務に含まれる仕事もあるので、ベトナムの文化を知っておくことも大切です。

台湾で50代・60代(シニア)向けの求人

台湾のシニア求人は他の東南アジアの国と比べると少ない傾向にありますが、コンサル業、メーカー、商社などの仕事があります。台湾には英語を話せる人も多いですが、社内で使う日常会話程度の中国語を使える方が安心です。日本企業と取引する会社の求人は語学力不問のところもありますが、さらに求人数は少なくなります。

少しでも50代・60代で海外就職を考えているなら…

生活も落ち着いて、若い頃の夢だった海外就職を目指す方もいるでしょう。また、東南アジアは物価も安いので、老後の蓄えをするために海外就職を目指す方もいます。それぞれの目的や目標に効率よくアプローチするためにも、転職エージェントや転職サイトに登録してみてください。

まず、転職エージェントや転職サイトに登録してみる

まずは、転職エージェントや転職サイトへの登録をおすすめします。海外就職で何よりも重要なものは情報です。

しかし、海外転職の情報はあまり多くありません。転職エージェントや転職サイトなら知りたい情報をすぐに見つけられます。コンサルティングを行うエージェントもあるので、自分では発見できなかった求人とも出会えるかもしれません。

転職エージェントや転職サイトで必要な情報を集めることが、海外転職への第1歩です。

50代・60代のシニア向けおすすめ転職エージェント・転職サイト

リクルートエージェント(RGF)


リクルートグループの「RGF」
・海外就職実績/満足度No,1
・海外駐在、海外出張ができる求人あり
・初任地が海外の求人が188件(2021年6月)


国内トップクラスの人材サービス会社であるリクルートが運営している「RGF(リクルート海外人材紹介業)」は、海外の求人情報が豊富に募集されています。

求人数が業界No.1で、海外の現地を知る専門のコンサルタントがあなたを無料でサポートします。

そして、アジア圏26都市に非常に多くの拠点をかまえており、約900名のコンサルタントが在籍しているなどサポートも充実しているため、初めての海外転職に挑戦する人も在職中でも安心して転職活動ができるでしょう。

\ 海外就職の王道は「リクルート」 /

無料で登録する

リクナビNEXT


リクナビNEXT
・海外勤務のカスタマーサポート求人あり
・英語不問、語学不問の求人にすぐ応募できる
・海外勤務の未経験エンジニア求人がある


リクナビNEXT」は、転職者の8割以上が利用している定番の転職サイトです。

大手人材企業であるリクルートが運営しており、求人情報は週に2回、水曜日と金曜日に更新されます。

また、リクナビNEXTには企業からオファーが届くスカウト機能があります。

スカウト機能とは、職務経歴や希望条件を匿名で登録することで、経歴に興味をもった企業や転職エージェントから求職者に直接オファーが届くたいへん便利な機能です。

サイト上には掲載されていない非公開求人のオファーが届くこともあるので、ぜひスカウト機能を利用しましょう。

そのほかにも、リクナビNEXTには転職サービスのリクルートエージェントにも同時登録できるので、仕事を探す幅が広がるといえます。

\ 登録するだけでスカウトが届く /

無料で登録する

ビズリーチ


ビズリーチ
・海外求人数:約2,300件(2019年12月時点)
・アジア、アメリカ、ヨーロッパが多数
・海外に詳しいヘッドハンターを選べる

海外求人を多く扱う「ビズリーチ」は、利用者は100万人を超えており、日々求人数も増えています。

また、無料プランと優良プランがあり、有料プランに登録しなくても求人を閲覧することが可能です。

そして、海外への転職支援をおこなっている、総勢50名のヘッドハンターが海外に拠点をおいてサポートするため、応募書類や面接対策などで大変頼りになるでしょう。

\ 年収UPを狙うなら /

無料で登録する

海外シニアボランティアに応募する方法もある

海外シニアボランティアに応募する方法もある

海外で働く方法は、海外就職だけに限りません。国際協力機関JICA(ジャイカ)ではシニア向けの海外ボランティアの募集も行っています。青年海外協力隊を聞いたことがある方もいるでしょう。青年協力隊は20〜39歳までを対象にしていますが、JICAでは40〜69歳向けのシニア海外ボランティアのも募集しています。

海外シニアボランティアへの応募方法

海外シニアボランティアの応募は現在、全てウェブ入力で行います。

①応募者用マイページのアカウントを取得
②名前、住所などの基本情報を入力(顔写真のアップロード)
③適性アンケートの入力(希望職種や要請の申告もここで行います)
④語学力証明書のアップロード
⑤志望動機と活動経験履歴の入力
⑥健康診断書と問診票の提出→報告

健康診断書の提出のみ郵送です。その後一次選考では書類審査が行われ、マイページで合否発表、合格者は二次選考のウェブ面接を受けます。応募から選考までは4〜5ヶ月かかります。

そもそもシニア海外協力隊は英語が必要?

英語は必要ですが、求めるレベルはそこまで高くありません。シニア海外協力隊への応募に必要となる語学力は、希望する要請によって違います。派遣先で話す言語、それぞれの要請内容に基づいた言語レベルをA〜Dの4段階に分けて設定しています。

例えば、ウルグアイでの少林寺拳法指導の要請にはレベルD、TOEIC330点や英検3級〜準2級レベルを設定しています。対して、ベトナムの技術大学での指導にはレベルA、TOEIC730点以上、英検準1級以上相当に英語力が必要です。

つまり、最低でもTOEIC330点は必要になりますが、必要な英語力のハードルはあまり高くないと言えます。

50代・60代のシニア海外就職でよくある質問

これまでの日本での生活を一新して海外就職を考えるとなると、さまざまな疑問や不安が浮かんでくるでしょう。今回は60代の海外就職について解説していきます。

60歳以上の求人は少ない?

60歳以上の求人は少ないと言えます。とはいえ、定年後の方を募集している求人もあるので、諦めずにチャレンジしましょう。

60歳以上の就職は、体力面、健康面での心配が伴います。これは企業側にとっても同じこと。前もって旅行のついでに現地の偵察に行ったり、求人を出している会社にコンタクトを取ったりするなど前もった準備が重要になるでしょう。

求人は少ないですが不可能ではありません。実際に定年後に海外就職を果たしている方もいるので、チャレンジする価値はあります。

60歳で海外で再就職は厳しい?

厳しいですが再就職は可能です。日本にいても定年後に再就職し、今までの仕事へのやりがいと比べてしまい、モチベーションが上がらない方はたくさんいます。

海外での再就職はチャンスも、実例もあります。何より生き生きとこれからの人生を過ごす糧となるでしょう。60歳が持っている人脈、経験、ノウハウは海外企業にとっても利益があります。年齢に臆せず、自分の能力をどんどんアピールしていきましょう。

再就職は簡単ではなく厳しいですが充分に可能です。キャリアと能力を有効に使い、海外での再就職を図りましょう。

まとめ

50代・60代の海外就職は、難しい面もありますが、充分に可能です。さらに、海外就職ではなく、ボランティアという手段もあります。

これまで培ってきたキャリアを活かして、ぜひ海外で第二の人生をスタートさせてください。

\国内外の転職におすすめの無料転職サービス/
\ 国内外求人数No.1 /
リクルートに無料登録